来夢来人(いのたかBAR&なんでも日記)

BARについて、WINE&音楽&その他なんでも備忘録です BARではモルト中心。シエリー樽で寝かしたウイスキーを好む。 しかし、ウイスキーの名前がわからずバーテンダー任せです カクテルも大好き!飲みすぎに注意してますが・・・ ついつい飲みすぎてしまいます。

2010.03.25【日記】

グランダール・デュ・サンジャン 2006

http://www.v-yamazaki.net/shop.cgi?mode=goods&cate=1403&code=F12-0106

値段1,980 円

BSジャパン大人の習い事
「斉藤研一のワイン入門」で紹介されました!!

蔵元紹介
【カープ・サンジャン】
ボルドー地方・メドック北方のメドック地域の農業協同組合が「ユニ・メドック」。約300軒の契約農家に細かく栽培指導を行い、天気や状況によってその都度コンサルタントが指示をだすなど、徹底した管理が行なわれた上での良質育成されたぶどうのみを購入し醸造しています。ユニ・メドックが持つ5つの醸造所の中で、最も重要なポジションを占め最新設備の醸造施設を兼ね備える醸造所が「カーヴ・サンジャン」。そこでワイン造りをするのは、エノローグの総責任者ローラン・ヴァッシェさんを中心としたボルドー大学を卒業した優秀な醸造家たちと、勉強熱心なマネージャーを中心にしたスタッフたちです。ヴァッシェさんは「我々は長い間、グランヴァンを造る他のメドックの名前に隠れてきた。しかし良いこともある。彼らのおかげで少なくともメドックの名前は広く知ってもらえたからだ。でも、我々はメドックの名に頼ることなく、グランヴァンに負けないワインを造っていきたい。」と語ります。サイト(醸造所に隣接するショップ)でのケース販売で大半が売れてしまうということですが、シャトー・ムートン・ロートシルトのスタッフが、このワインのファンというエピソードもあるほど。

http://www.v-yamazaki.co.jp/fr_report200706/saintjean.html
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • WINE 赤
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

いのたか

ブログ内記事検索

  • 2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧