洋酒バカ一代

昭和27年より 大阪ミナミで親子2代に渡って営業しているバーの2代目です どうぞよろしくお願いします

2019.01.10【日記】

グレンモーレンジ スピオス入荷です

ライ麦を原料としたライ・ウイスキー。20世紀初頭にアメリカで人気を博したそのエレガントな味わいは、当時の上流階級の人々を虜にし、紳士淑女が通うサロンなどで多く嗜まれました。

そして2018年・・・世紀を超えた新たなウイスキーが誕生しました。

「グレンモーレンジ スピオス」。
ライ・ウイスキーがもっとも愛されたゴールデンエイジ、20世紀初頭の樽で熟成され、ゲール語で「スパイス」を意味する「スピオス」と名付けられました。それはまさしくライ・ウイスキーのスパイシーさが際立ち、グレンモーレンジィらしいフレッシュでハーバルなフレーバーと、可憐なテイストがマッチしたフルボディーウイスキーです。

スパイシーというネーミングにこだわるなかれ、通常品よりいささかのスパイシーさは
ありますが、あくまでもグレンモーレンジというエレガントなウヰスキーがべーすです
じっくりと味わい深いウヰスキーです

1shot ¥2200
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.12.20【日記】

デュポン社 カルバドス アイラカスクフィニッシュ

「デュポン」はペイドージュ地区に約27ヘクタール、6000本のりんごの樹を所有し、その収穫からボトリングまで、全てをデュポン・ファミリーが管理しているまさに家族経営のブランドです

最新の限定品がこの「カスクフィニッシュコレクション」です。その第一弾となるのが、アイラモルトでフィニッシュをかけたカルヴァドスです。最低4年間熟成したカルヴァドスをスコットランドのアイラ島にある蒸留所のモルトの空き樽に移し替え、6か月間フィニッシュし、約300本限定でリリースです

香りはリンゴの奥にアイラの暖かいスモークを感じ、ボディはほんのりスモークしたアップルパイ、フィニッシュはビター&スモーク。今までにない新しいテイストです


1shot ¥1500

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.12.17【日記】

2005ゴードン&マクファイル スキャパ12年入荷です

この前は2001年 G&M(ゴードン&マクファイル)のスキャパでしたね

あれもバーボンバレル、これも同様です 先の2001年はファーストフィルでしたが、

今回のはそうではないのかな

バーボン樽熟成由来の特徴ですね

香りは青りんご、ココナッツ、レモン

口に含むとオレンジピール、いっぱいにひろがる甘味、ダークチョコ、ほんのり塩っぱさ

クリーミーで穏やかな島のウヰスキーです



1shot ¥1600

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.12.16【日記】

クライゲライキ12年 七萬入荷です

お馴染み、ヘンプスパローシリーズの1本です

今回は、七萬(チーマン)です

 

クライゲラキ2006はバーボンバレルの12年熟成。
シングルカスク、カスクストレングスボトリングです。

色は輝きのあるゴールド。香りは果樹園のたわわに実ったりんごや洋梨、芳醇な蜂蜜、バニラビーンズ入りのカスタードクリーム、焼きたてのパンケーキ。味わいはりんごのシロップ煮、蜂蜜ハーブキャンディ、オールスパイスのアクセント。フィニッシュにビターなカカオを伴ったモルティな甘みが広がります。

 

バタリーなアロマ、柔らかで濃密なしっとりとした味わいのこのシングルカスクは、クライゲラキの魅力を余すことなく堪能できる1本です


1SHOT ¥1600
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.11.01【日記】

好評のマッカランエディションシリーズ(No.3)入荷です

エディション3が入荷しました

いつもながら、数量限定ですので確保するのも気を使います

でも、飲まれたお客様の幸せなお顔を見ると、私も嬉しくなります

今回は少し変わっておりまして、6種の樽で熟成させた原酒をバッティングしております

つまり、複雑な香りと味わいがハーモニーを楽しませてくれます

スペインはヘレスにあるクーパーレッジ(樽工場)HUDOSAのアメリカンオークで作られた小型樽

とTEVASA http://www.spottorno.com/web/tevasa-traditional-cooperageで作られたヨーロピアンオークで作られた中小型樽のファーストフィル

ヨーロピアンオークとアメリカンホワイトオーク樽のリフィル(2度目の樽詰め)

TEVASA社のヨーロピアンオークの小型樽と大型樽のファーストフィル

アメリカンホワイトオークのバーボン樽(中小型樽)のファーストフィル

アメリカンホワイトオークのバーボン樽(小型樽)のファーストフィル

いかがです、見ただけでも複雑なバッティング

しかしながら、これらをまとめ上げたのはマスターパヒューマーのROJA DOVE氏です

DOVE氏はたくさんのオリジナル香水を製作販売されております
https://rojaparfums.com

マッカランの製造責任者のBOB DALGARNO氏とコラボしたこのウヰスキー 飲んで見るまで

語れませんよ・・・ 歴史的な1本になることは疑いありません

1shot ¥2700
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.09.29【日記】

グレンファークラス12年 カスクストレングス

ベンリネス山の恩恵を余すところなく享受1836年創業のグレンファークラスは、今では数少なくなった家族経営による蒸留所の一つです。

 

グレンファークラスとは、ゲール語で『緑の草の生い茂る谷間』を意味します。

 

堂々と聳え立つベンリネス山の麓にある蒸留所は、長い年月をかけて浄化された雪解け水がこんこんと湧き出る恵まれた立地の下、オリジナリティ溢れたシングルモルトウイスキーが造られます。


グレンファークラスでは熟成にシェリー樽を使用します 

トップノートからブドウがきます

そして深いウッディネス

口に含むと強いアルコール度数からくる、少々のスパイシー それに負けることなくシェリー感あふれる甘さが追いかけて着ます

余韻は12年ものとは思えない伸びがあります

 

1shot ¥1800

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.09.29【日記】

シングルモルト「駒ケ岳」リミテッドエディション2018

この駒ケ岳リミテッドエディション2018は、信州の美しい自然環境の中、バーボンバレルと

アメリカンホワイトオーク樽で熟成させたモルト原酒からつくられています

熟したプラムや花の香りとほのかなピート香が調和し、口に含むと柑橘の香りが広がり心地よい

余韻を楽しめます

ノンチル由来のうまみあふれるウヰスキーです

1shot ¥1600
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.09.29【日記】

ラッキーキャットシリーズ 第4弾 「メイ」入荷にゃり〜

本坊酒造からリリースのキャットシリーズ4本目

 

エキセントリックで甘えん坊な性格の雌猫“メイ”をモチーフに、マルス津貫蒸溜所にて梅酒の熟成に使用した空き樽で追加熟成(フィニッシュ)したブレンデッドウイスキーです。フレッシュな青梅を想わせる香りと、ライトな口当たりで甘さとほろ苦さを併せ持つ味わいに仕上がりました。

 

ほんのりチョコ、カカオの香りもふくよかさを感じます



1shot ¥1300
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2018.09.21【日記】

熊本 2018 whisky talk 限定ウヰスキー入荷です

2018 Whisky talk イベント限定の熊本城復興チャリティー付きアイラウヰスキー 入荷してます

ヤングアイラ ふむふむ、なんとなく検討はつきます 独特の硝煙香、皮の風合い

ぜひ、一緒に探検してみませんか?


1shot ¥2200
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.09.11【日記】

ブラックニッカ ディープブレンド エクストラスイート

ブラックニッカ誕生60周年記念の、ブレンダースピリットから始まり、クロスオーバー、アロマティック、リッチブレンド エクストラシェリーに続く当店5本目の限定ブラックニッカです

この原酒不足の元にあって、酒齢10年以上の原酒を含んだ、甘さ際立つニッカのグレーンと合わさって
より深くて甘い、そしてビター感あるブレンデッドに仕上がっております

こちらも、ソーダや氷と合わせて伸びのあるウヰスキーです アルコール度数46度が効いてますね

気軽にお試しくださいませ

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.08.31【日記】

アランプライベートカスク(186本限定)

アラン2001バーボン #825バーボンバレルの16年熟成で、シングルカスク、カスクストレングスのボトリング。色は透明感のあるゴールド。香りはフルーティで完熟した桃やメロンをメインに徐々に蜂蜜、トフィーへと変化して行きます。味わいは完熟桃のジューシーな甘み、フルーツグミが口の中を満たし、ピンクペッパー、ウッドスパイスのアクセントと共に芳醇な蜂蜜へと変化し、柔らかな甘みが心地よく続きます。

バーボン樽のため、アウトターンが186本と少ない出荷になってます
お早めにこのメロン感があるプライベートカスクをお楽しみください

1shot ¥1700
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.08.31【日記】

若くて生き生きしたポートアスケイグ8年です

スペシャリティ ドリンクス社はスキンダー&ラジ・シン兄弟によって設立され、魅力的なウイスキーを輩出しています。また、数々のアワードを受賞している「ザ・ウイスキー・エクスチェンジ」を所有していることでも有名です。「ポートアスケイグ」はアイラ島のカリラ蒸溜所に近い港町の名を冠したアイラのシングルモルトで、各レンジの蒸溜所名は公表されておりません。
 

ポートアスケイグ 8年ヤングアイラモルトならではのしっかりとしたピーティさが前面に打ち出されたシングルモルトです。香りはアイラモルトらしい海岸にいるような塩気を伴ったスモークをメインに、爽やかなフレッシュレモン、モルティーな甘さが広がります。味はライム、ピートスモーク、蜂蜜、リコリスで、塩キャラメルの程よい塩味が加わり、フィニッシュに黒コショウ、岩塩を伴った旨みのあるピートスモークが再び現れて全体を心地よく包み込みます。

メーカーテイスティングより

1shot ¥1300
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.08.20【日記】

梅の名産地 和歌山よりプラミアが到着です(持って帰ったんですけど)

シングルモルトウヰスキーをベースに、和歌山県産「南高梅」と、オレンジピールを加えたリキュールです

 

ウヰスキーの持つ、スモーキーフレーバーと梅のホロ酸っぱさ、オレンジピールでまとめあげた和リキュールです

 

ざんねんながら、製造元にお聞きしても当時の資料がなくどこのモルトウィスキーであるかは、不明でした

 

ストレートも良いですが、甘さもありますので、オンザロックスでゆっくりとお楽しみいただければと存じます



¥1400

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.08.18【日記】

不思議なジントニック

カナダから驚きのジンが日本初上陸!
美しいインディゴブルーの液体が
トニックを加えると色が変化するんです♪
しかも天然素材100%使用!

カナダの「ヴィクトリア蒸溜所」と
アフタヌーンティーで有名な
ヴィクトリア州の老舗ホテル
「ザ・フェアモント・エンプレス」が
共同で開発した驚きのジンが日本初上陸!

その鮮やかな青い色合は同ホテルの
ハウスブレンドティーにも使用されている
「バタフライピーの花」から抽出されており、
その他のボタニカルも全て
天然素材を使用しています。

味わいにおいても
「ワールド・ジンアワード2018」
ベストカナディアンクラシックジン
に選出された折り紙つき。

しっかりとしたジュニパーのアタックと
オレンジの様な柔らかな甘み
最後はコリアンダーの
スパイシーな香りが全体を纏めます。

見た目も味わいもマジカルな
日本初上陸のジンを
是非ともお愉しみ下さい。



COMMENT(0)
この記事を評価するGood3

2018.07.31【日記】

ヘンプスパロー「東」入荷してます

HPより
ヘブンヒル2009はファーストフィルのバーボンバレルで8年熟成したコーンウイスキーです。


コーンウイスキーとしては異例ともいえる長い熟成を経たスピリッツは、樽から旨みの成分をしっかりとその身に蓄え、外観にはゴールドアンバーの美しい色調を纏いました。

香りは樽がファーストフィルということも手伝い、バージンオークにありがちな過度なスパイシーさが無く、程よいオークの香り、濃密なバニラの甘いアロマ、アーモンドの皮のようなナッティな芳ばしさがエステルのフルーティさを伴い立ち上がります。味わいは品のある甘さで、樽由来のタンニンの渋みが優しく舌をコーティングながら広がります。適度なドライさを持ち合わせているのも特徴で、フィニッシュにかけてナツメグのようなスパイシーさが鼻をくすぐりながらエレガントに切れ上がります。

スコッチウイスキーとは異なったフレーバープロファイルですが、全体的に上品なフレーバーで構成されているので普段シングルモルトを飲んでいる方にもおすすめです。ウイスキーに関する見識が広がる1本でもありますので、ぜひこの機会に長熟のコーンウイスキーをお楽しみください。

1shot ¥1500
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.15【日記】

アラン トリロジー(3部作記念すべき1本目)入荷です¥

(メーカーサイトより)
「アラン1998 トリロジー1stエディション」
は、
香ばしいオークのアロマが蜂蜜と麦畑の空気を引き連れて
立ち上がってきます。口に含むと、濃密な麦の甘みを軸として
その周りをバニラやシナモン、生姜のはちみつ漬け、ホワイト
ペッパーといったアランらしいフレーバーの数々が熟成に
よって一層深みを増して全体を構成しています。

シェリーの影響は控えめで、まさにアランのハウススタイル
そのものが、20年の熟成を経て正常進化した、
長熟アランのお手本と言える仕上がりです。

3部作の序章となるこの1本、ぜひお見逃しなく。


¥2700
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2018.07.15【日記】

スプリングバンク21年 入荷です!

スプリングバンク21年は1990年代に定番商品として流通し、ウイスキー愛好家の舌を唸らせてきた伝説のウイスキーで、2012年から年1回極少量のみ生産が再開された限定商品です。
今年はバーボン、シェリー、ポート、ラムの4種の樽を使用。世界3,800本の限定ボトリング。香りはバナナ、ココナッツチップ、トロピカルフルーツ、ブルーベリーで、ラムカスクならではのデメララシュガーの濃厚なアロマの奥から塩を含んだ海風を感じます。味わいは和三盆の上品で厚みのある甘さにアプリコットが寄り添い、塩の効いたパンチェッタ、タバコ、ヴィンテージレザーが広がります。フィニッシュは非常に長く、カイエンペッパー、シナモン、程よくスモークの効いたジャークチキンが加わり複雑に変化します。
4種の樽を使用した初のスプリングバンク21年です。ぜひこの機会をお見逃しなく。!
 

(メーカーサイトより)
香り: バナナ、ココナッツチップ、トロピカルフルーツ、ブルーベリー、デメララシュガー、海風
味:和三盆、アプリコット、パンチェッタ、タバコ、ヴィンテージレザー、シナモン、ジャークチキン

¥5500
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

昆布のボタニカル!? 赤屋根 ジン 「春」

季節ごとにリリースされるジン、第一弾。

ベースは芋焼酎、ボタニカルは桜・柚子・山椒・昆布・ジュニパーベリーを使用しています。

アルザスのオードヴィの造り手ジャン・ポール・メッテと取り組んだジンです。

 

ボタニカルに昆布が使われているからとは思いませんが、かすかに海藻風味 不思議なジンです


¥1300

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

これで3年!? グレングラッソー リバイバル

グレングラッサ リバイバルは、再開後に蒸溜された初のスタンダードアイテムです。

マネージング・ディレクターのスチュワート・ニッカーソンはウィリアムグランツで蒸溜所統括ディレクターを務めた重鎮で、閉鎖後の1987年から数年間グレングラッサの管理も掛け持っております

 

香り ミルキーでフルーティ。

複雑な味わいは昔のグレングラッサの雰囲気があります。

3年熟成と思えません・・・

 

まさに、グレングラッサの“復活”ですね

¥1200

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

ボウモア ヴォルト入荷です

ヴォルトとはボウモア蒸溜所内、貯蔵庫のこと

 

常に潮風が吹き込む貯蔵庫で寝かされたウヰスキーは独特の塩味を感じます

 

香りはアイラウィスキー独特のスモーキーフレーバー、ピーティさ

 

味わいはフルーツ、スパイシーなココア、ブラッドオレンジなどの風味。フィニッシュにかけて、ブラックベリー、海の塩、キンカン

 

まさにボウモアの本領発揮かと感じます

¥1800

 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

洋酒舗 勘十里

ブログ内記事検索

  • 2019年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧