洋酒バカ一代

昭和27年より 大阪ミナミで親子2代に渡って営業しているバーの2代目です どうぞよろしくお願いします

2018.03.16【日記】

守護聖人 デュタック入荷です!

デュタックの由来
名称は、グレンモーレンジのホームタウンであるタインの街の守護聖人セント デュッタクにちなんで付けられました。


バーボン樽熟成原酒と一部をペドロヒメネス シェリー樽と焦がしたバージン オーク樽でフィニッシュをかけた原酒との組み合わせで造られています

3種の異なった樽を組み合わせたデュタック・・・ PXの甘さとバーボン樽由来の甘さ
そして、バージンオーク樽由来のウッディネス 幸せ一杯のグレンモーレンジに仕上がっております

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.16【日記】

スキレンとは一味違うグランサをどうぞ・・・

オフィシャルの16年が原酒不足で惜しまれながら終売し、国内向けにスキレンをリリースしたと同時期にイギリス向けにリリースされたのがこの『スキャパ グランサ』。
ファースト・フィルのバーボン樽で熟成後、ピーティーでスモーキーなウイスキーを熟成させていた樽で熟成。

スキレンと比べピートタイプのウイスキー樽で追加熟成されている分、スキャパの新たな味わいを感じられる逸品となってます。

スキレンとグランサの飲み比べも楽しいでしょうね!
ご希望がありましたらハーフ&ハーフでぜひどうぞ!

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.16【日記】

ラベル買い? ちゃいますよ w

セルキー(selkie:スコットランド語)とは、現地で 古くから伝承されている神話に登場する伝説の生き物 のことで、元々の語源は英語のseal:あざらしに由来 しています。普段は海中であざらしとして生活をして いますが、陸にあがる時には皮を脱いで人間の姿にな ると言われています。男女ともに美しい姿をしている そうで、人間との恋愛に発展するもその多くは悲しい 結末を迎える悲恋物語となります。

本作のセルキーは 女性、自らの皮を脱いで美女となり、海上の岩に腰掛けている妖艶な姿が描かれています。この神話の多く は北西の小さな島々が連なる諸島で伝承しており、海と密接に関係した生活を送っていた者たちにとっては ロマンを馳せる絶好の対象でした。

ゴールデンカスク・シリーズを手掛けるボトラーズブランド「ハウス・オブ・マクダフ」 がリリースする新ブランド、ハイランドモル ト数種とアイラモルトをヴァッティング、ス モールバッチで50%・500ミリにて瓶詰 されています。商品名の由来は上記のとおり スコットランドの古い神話に登場する美しい 女性で神秘的な存在同様、内容はシークレッ トですが美しい姿には一度試さずにはいられ ない妖艶な魅力が秘められているかも・・・

店主テイスティング
アルコール度数50度を感じない、柔らかな芳香が鼻をくすぐります
アイラとバッティングということで、もっとスモーキーかと思いましたが、穏やかに香っております

飲んでみても、まずはハイランドモルトらしい華やかで甘い味が口いっぱいに広がります そして、最後奥の方からアイラ・モルトが顔を出します いやぁ面白くて楽しくて美味しいです

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.15【日記】

酒棚新調致しました!(すっきり!)

まぁ、65年も営業しておりまして、先代も洋酒が好きで結構な蔵酒がございました。その数650本

十分じゃないかと言われそうですが、ほとんどが古酒でして気軽にお売りする代物が少なくなり

私の代になりまして血が騒ぐのか、根っから好きなんでしょうね ぼちぼちと良さげな洋酒を買い求め

ておりましたら、気がつくと1000本を越えておりました。

まさに、かっこ悪いのですが、床ボトルもあちらこちらへ・・・ 



それよりも設置していた酒棚の横板

が、たわんできているではないですか!これではおちおちと仕事も手につきません

ようやく重い腰を上げて、酒棚を新調設置することに致しました

まずは、今の酒棚とお酒を移動しなくては!!! これが大仕事でした

カウンターと客席下に・・





すっきりしました


しかし、これだけあるとは・・・

翌日早朝より業者さんが入って工事開始です わくわく
水平を出すレーザーだそうです(便利な機械がありますね)






だんだん、形が見えてきましたね
お昼に明るい日曜日のミナミを歩いてみました
すでに日本では無かったです・・・(;_;)

しかし、現在の大阪経済を支えているのは紛れもなく海外よりのインバウンドマネーであることは
間違いないのです・・・しっかりしようよ日本人のみなさん!



はやくお酒を収めたいです


まだ棚も仕上がっていないというのに、さらに新しいお酒が届くというアホさかげん 笑
この新しいグレンモーレンジ2本 それぞれ違ったシェリー樽後熟で美味しかったですよ〜


で、時間は予定をすっかりすぎて22時を回ってきました 私もいつまで立会いしなくてはいけないの
かな?って不安になってましたら、業者さんより後はやるので帰ってもらって良いとのお許しが出た
ので嬉々として明日の出来上がりを楽しみに帰宅しました

翌、月曜日は溢れた酒を整理して収めなければいけないので、10時に入店しましたら・・・まだ
完全に完成しておりませんでして・・・ 聞くと今朝の5時まで作業していたそうです (;_;)

で、取り急ぎ残作業を済ませて頂きます


作業が済み、掃除片付けを済ませてから、一気にボトルを片付けます
ようやく完成致しました! 今回整理してみたら、現在の蔵酒は1000本を越えて
1500本を有に越えておりました・・・・laugh
きっと2000本はすぐでしょう・・・(どうすんねん?というお尋ねはごもっともです)
飲みたいウィスキーが手軽に見つかると思いますよ・・・・

収まりました〜(奥の方はまだ余裕があります)


さぁ、今日も皆様のご来店を心よりお待ちしております!
 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood4

2018.02.22【日記】

マッサン再放送だそうですよ!

2014年9月放映開始 そこから火がついたジャパニーズウィスキーブーム・・・

再放送があるそうです ちゃんと見れなかったみなさん! ぜひ!

https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/90000/290758.html

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood

2018.02.16【日記】

ハイランドクィーン マジェスティ12年 シングルモルト 入荷です

1561年から続く、伝統の系譜。
 
スコットランドの歴史と独立精神の現れともいえる人物、スコットランド女王メアリー・スチュワート。6歳でフランス皇太子と婚約したため、フランスで幼少期を過ごしました。

その後結婚するも、フランス国王の死により未亡人となり、1561年にスコットランドへ帰国。エジンバラ近郊のリース港に上陸しました。

美しく、才能溢れるその人柄は、すぐに人々の心をつかみ、メアリーはスコットランドで最も名高く、慕われた人物となりました。

およそ330年後、同じリース港にあるマクドナルド&ミューア社で記念すべきブレンデッドウイスキーが生まれます。

リース港がメアリー・スチュアートの上陸地だったこと、そして人々の敬愛を集め慕われたメアリーの様なウイスキーを目指しこのウイスキーは「ハイランド・クイーン」と名付けられました。

蒸留所はシークレットですが、まぎれもなくハイランドの蒸留所でしょう

目立った特徴よりも、とてもバランスの良いしっかりとしたモルト・ウィスキーです

 
香り】
美しい花の香りと甘さを感じる繊細でなめらか、穏やかな香り

【味わい】
上品で丸みがあり、なめらかな優しい味わい。すっきりとしたナッツの甘さを感じる。

【余韻】
芳醇で上品な味わいが長く続く。
 
ジム・マーレイ著 ウイスキーバイブル2013 86.5ポイント獲得

1shot ¥1300
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.02.16【日記】

サントリー様 ありがとうございます

今日、突然サントリー様から宅配便がきました

何か注文した? また何かのキャンペーン販促品?

開梱してみたら角瓶誕生80年の記念ピンバッジセットと復刻角瓶(450ml)が2本入ってました

どうやら、以前にウィスキーヴォイスに投稿した人限定で送られているようです

いやぁ、さすがリーダーカンパニーです 太っ腹ですねぇ

ありがとうございました またヴォイスに投稿しよっと・・・

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood

2018.02.13【日記】

ブティックウィスキー バッチ3入荷です

ブティックウィスキーはユニークなラベル、小さめ500mlのボトルで世界の素晴らしいウィスキーを提供するインディペンデントボトラーです

今回はバック・トゥ・ザ・フューチャーですね w(微妙にへた・・・^^;)

中身は表示ありませんがラフロイグです

色はディープアンバー、香りはツンと来る正露丸にいぶりがっこ

煙の奥から蜂蜜、トフィー、ビスケットが現れる楽しさあふれるオイリーなウィスキーです

味わいの奥には塩キャラメルがあり、ブラックペッパーがあります

1shot ¥1700
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.02.10【日記】

スカリーワグ 干支ボトル入荷です

果たして、干支をダグラスレイン社が狙っていたのか不明ですが

まぎれもなく干支ボトルです(600本限定)

ブレンデッドスペイサイドウィスキーの驚くべき美味しさが詰まってますよ

1shot ¥1500
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.02.06【日記】

駒ケ岳 ダブルセラーズ 入荷しました!

「シングルモルト駒ヶ岳 ダブルセラーズ」は、マルス信州蒸溜所で蒸留し「マルス信州蒸溜所」「マルス津貫蒸溜所」2つの熟成地で育まれたモルト原酒をヴァッティングしたシングルモルトウイスキーです。

バーボンバレル、アメリカンホワイトオーク新樽で熟成した原酒を使用し、アプリコットやプラムといったフルーティーな香りが印象的で、バニラや蜂蜜のようにやわらかく甘美な風味が調和した1本に仕上げました。異なる環境、樽種で熟成した多様なモルト原酒を使用することで、様々な表情を楽しめるマルスウイスキーならではの逸品です。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2018.02.06【日記】

バレンタインシーズンといえば・・・

そうです、恒例の北海道はロイズの生チョコにウィスキーを忍ばせたものが、巷のバーに

溢れてくると思います 当店、今年はバランタイン17年を忍ばせたロイズチョコが到着してます

過日、入荷したバランタイン構成原酒シリーズ「ミルトンダフ15年」「グレンバーギ15年」

ご注文のお客様にお付けいたします

ぜひ、原酒の味わいとチョコとバランタイン17年のハーモニーをこの機会にお楽しみくださいませ

無くなり次第終了といたします 今年は女性スタッフがおりますので、きっとつまみ食いするでしょう

お客様を差し置いて・・・涙

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ご案内
この記事を評価するGood

2018.02.04【日記】

やられてました

ここ数年自分には関係ないわと思っていたインフルエンザ

今年はとうとう魔の手につかまってしまいました

インフルエンザの大変なのは自分が頑張って耐えても配菌期間というのがあって

人前にでちゃなんねい という事

客商売の我々としたら絶対無視できない条件です

で、金曜日まで自宅待機してました 昨日よりようやく営業開始です

配菌期間でなくても体力落ちてます 本当は今日もパーティがあるんですが、こんな状態で人がたくさん

いる場所へ飛び込む気力はありません

でも、4日間も休んじゃってましたので、今日、日曜日ですが細々と営業することにしました

お店ですることもあるので まぁマターリとやりますよ もし、お近くまでお越しの節は除いてみて

くださいませ
 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood

2018.01.27【日記】

アンティカ フォーミュラ入荷です

イタリアの銘酒 ベルモットの中でもキングオブベルモットと呼ばれる「アンティカフォーミュラ」
入荷です
普段カクテル材料によく使われることのあるベルモットですが
これはとても複雑な香り、味わいのあるベルモットです
ぜひ、食事前のアペリティフ(食前酒)としてお召し上がりください

香り : バニラのブーケ、シトラスやレーズンのようなドライフルーツの香りとアーモンドのナッティさ、クローブのスパイシーさが複雑なアロマを形成する。
味 : 凝縮した濃厚なドライフルーツのような甘さと円熟して角が取れた滑らかな苦み、そしてリッチなバニラの香りが鼻から抜ける。オレンジ、デーツ、ココアビーンズ、サフランの多彩なテイストが絶妙に折り重なります




1SHOT ¥1000
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.01.27【日記】

アラン ジェームズ・マクタガート10周年記念ボトル入荷です

ジェームズ・マクタガートがアラン蒸溜所のマスターディスティラーとして2017年で10周年目を迎え、これを記念してリリースした今回限りの特別なアランです。彼がアラン蒸溜所でスタートを切った2007年蒸溜、10年熟成の1stフィルバーボンバレルの中から選りすぐられた樽のみを使用し、カスクストレングスでボトリングされました

900本限定生産の記念ボトルです

ウィスク・イーより
香り : 完熟りんご、ココナッツサブレ、バニラクリーム、レモンオイル、潮風

味 : アップルペストリー、バニラ、トフィーキャンディ、白コショウ、綿菓子

まったりとしてアランらしい甘さと潮風です

1shot ¥1500

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.01.23【日記】

バランタイン15年 キーモルトシリーズ2本入荷です

まずはキーモルトの一角をなす、ミルトンダフを強調・・・ってここまで書いて気がついた

これは先に出た17年のモルト強調したものと違う! なぜならラベルにシングルモルトって

書いてある そしてバランタインシリーズってナンバリングしてある・・・

あちゃ〜勘違いした私が悪い ええ、私が悪い

これは無論、バランタインのメインモルトシリーズである

一つはミルトンダフ15年、もう一つはグランバーギー15年・・・ はいシングルモルトです

まぁ気を取り直してそれぞれを楽しんでみましょうね<おいっ

ミルトンダフもグレンバーギーもそれぞれ持ってますが、バランタインの名の入ったラベルになると

神々しくも思えます・・・?か?

おためしあれ

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.01.08【日記】

1月18日(木)熊本の歌姫 Cobyライブです

昨年も素晴らしかった Coby(コビー)ライブ 今年もやりますよ

狭い店ですが 彼女の生歌が響きます 逆にアンプを入れてないぶん、胸にギュンときます

19時よりゆるっと2部制 投げ銭ライブですのでライブチャージはありませんが、たくさんの投げ銭を

よろしくお願いいたしますね


この記事を評価するGood1

2017.12.11【日記】

シックスアイルズ ポムロールカスクフィニッシュ

従来品のシックスアイルズはバーボン樽とクラレットワインカスクの2種でしたが、今回さらにポムロールワインカスクが出ました
ポムロールのワインはメルロー種を主体とし、カベルネ・フラン種をブレンドして造られる。カベルネ・ソーヴィニヨン種の比率はわずかである。そのため、メドックのものよりもタンニンが少なく、一般的に色調は濃く輝かしいルビー色で、よく熟したプラムの芳醇な香り、渋味と味が豊かで口当たりは柔らかいため、その個性はしっかりとウィスキーに引き継がれています

香りはピートとフルーツティー、ブラックペッパー、ショートブレッド、早熟ブドウ、ベリー系にバニラ。味は柔らかくて強く、だんだんとスモークが増し、クリーミーかつフルーツもヘビーになり、チョコレートビスケット。フィニッシュはピートとモルトがバランス良く、ソルティなコーヒーとりんご


1shot ¥1500

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2017.12.07【日記】

シェリーブランデーなるもの入荷です

シェリーブランデーとは、ブランデーをシェリーの伝統的なクリアデラとソレラのシステムで熟成させたものです。 
熟成用樽は、気泡の比較的少ないアメリカンオークを使用します。
オランダスと呼ばれる蒸留法で仕上げたブランデーを、シェリー樽でクリアデラとソレラの熟成システムにて約1年間貯蔵熟成します。

この
ガルベイ・エスプレンディドは

輝くような琥珀色、清らかなブーケ、熟成したオロロソの感触。スパイシーな樽熟の芳香、ビロードのような滑らかさ、わずかな甘さが広がる。
余韻が心地よくバランスのとれたブランデーです

あはは 発売元さんからの引用でした・・・

1shot ¥1100
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2017.12.07【日記】

こ このキルシュは・・

キルシュとはみなさんご存知でしょうが(さくらんぼから作られた蒸留酒)、美味しいキルシュにはなかなか出会うチャンスも多くありません
先日、千雅さんの試飲会でみつけたのがこれ!

イタリアのマルケ州で飲まれているデザートワイン ヴィショラータはさくらんぼと、赤ワインから作られており、人々に愛されている飲み物として有名です

そのヴィショラータに使われているさくらんぼから作られた蒸留酒がこの「アクアヴィテ ディ ヴィショラ」です

グラスに注いだらすぐに濃厚なさくらんぼの香りが漂い始めます 口に含んだらスッキリとした甘さが広がります う〜ん、アクアヴィテ(ラテン語で命の水)最高です

ロックでもストレートでもお楽しみ下さい

1shot ¥1500
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2017.11.30【日記】

ジャパニーズジン KOZUE 入荷です

次から次へと新しい日本のジンが登場致します

こんどは和歌山の富士白蒸留所で作られた、KOZUEというジンです KOZUEは漢字で慎と表記

されていますように、和歌山で取れる高野慎、温州みかん皮、レモン皮、山椒、ジュニパーベリー

すべて和歌山産でつくられています

香りはすぐに高野慎由来の青い香り そしてジュニパー、レモン、みかんの柑橘の香りに

つつまれます 口にふくむと47度を感じさせない柔らかい口当たり そして香りが口に広がります

季の美押しの私ですが、これはまた違った面白さあふれるジンだなと思います

1shot ¥1100
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

洋酒舗 勘十里

ブログ内記事検索

  • 2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧