洋酒バカ一代

昭和27年より 大阪ミナミで親子2代に渡って営業しているバーの2代目です どうぞよろしくお願いします

2018.08.20【日記】

和歌山は中野BC様へ見学ツアーに行ってきたよ

ただいま、ジャパニーズウヰスキーに始まり、クラフトジンも熱いです

特に弊店では、パイオニアの「季の美」、その他多数のジャパニーズクラフトジンを10種ほどご用意

しております その中でもトップクラスに人気なのが「KOZUE」ジンです

高野槙というとてもフォレストフレーバー、鮮烈なイメージを持つジンです

今回おじゃまするのはそのKOZUEを和歌山県日南市でつくられている会社です

こちらは、漬け酒、醸造酒、蒸留酒を3種作られています・・・ つまり、3種も勉強させて頂きました

発起人は北新地で「酒肴人」をされている高村氏です たくさんの北新地のバーテンダーやお客様が

来られてました・・・(親方の人格やね)

出発から宴会スタート! もうフルスロットルな人もいましたが、酒に乱れ

ないのはさすがです お酒は楽しくナクチャね!







中野BC様にとうちゃこ! こんなところにあるんですね〜
ちなみにBCとは(バイオケミカル・クリエィション)のことだそうです
歴史ある会社ですが、新しいものへの探究心旺盛な活気ある会社でした




西浦さま ありがとうございます

創業者の方のご自宅を開放されている長久邸
1万平方メートルの庭!、120畳の大広間! 池には白鳥もいて庭を眺めながらお酒を飲めるのは
素敵です















開催にあたり、中野現社長よりのご挨拶を頂きました
お世話になります


梅酒、蒸留酒ご担当の山本さま


醸造担当の武田さま


ご紹介のあと、まずは梅酒製造工程へ


タンク内には総量の半分ちかくの南高梅や、多種の梅がつけられています
タンク量もたくさんあり、さずが梅の本場 和歌山県です

そして、見たかったKOZUEジンの源、蒸留器です
これは減圧、常圧どちらでも使える蒸留器です


松葉ではないですよ 高野槙です

そして、日本酒製造工程へ


洗米、乾燥工程


麹室は機械化もすすんでました






見学が済み、会場へもどるとすごい種類のボタニカルサンプルがありました 一堂にこれだけ
体験したのは初めてです




取り扱い商品もたくさん!
まさかこの後、サプライズでカクテルメイキングすることになるとは〜 汗


さて、まずは昼食会兼宴会です


長久邸より庭を眺めながら とても贅沢な時間が流れます


和歌山の食材を楽しみました


親方の発声で乾杯!


こちらには秋篠宮同妃両殿下もご訪問されていました
こんな写真 ラフロイグ蒸留所でも見たなぁ(チャールズ皇太子とカミラ夫人やった)


たっぷりな時間を過ごさせていただきました
中野BCさまありがとうございました これからもKOZUE提供に力も入りますね

帰路途中はお約束の黒潮市場へ・・・
ここは今年も天空のサイクリングで高野山へ登ったおりに来ました(ポルトヨーロッパ駐車場泊やったです 笑)

お世話になりました

工場見学は楽しいですね

校了

 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

洋酒舗 勘十里

ブログ内記事検索

  • 2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧