洋酒バカ一代

昭和27年より 大阪ミナミで親子2代に渡って営業しているバーの2代目です どうぞよろしくお願いします

2018.09.11【日記】

ブラックニッカ ディープブレンド エクストラスイート

ブラックニッカ誕生60周年記念の、ブレンダースピリットから始まり、クロスオーバー、アロマティック、リッチブレンド エクストラシェリーに続く当店5本目の限定ブラックニッカです

この原酒不足の元にあって、酒齢10年以上の原酒を含んだ、甘さ際立つニッカのグレーンと合わさって
より深くて甘い、そしてビター感あるブレンデッドに仕上がっております

こちらも、ソーダや氷と合わせて伸びのあるウヰスキーです アルコール度数46度が効いてますね

気軽にお試しくださいませ

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.08.31【日記】

アランプライベートカスク(186本限定)

アラン2001バーボン #825バーボンバレルの16年熟成で、シングルカスク、カスクストレングスのボトリング。色は透明感のあるゴールド。香りはフルーティで完熟した桃やメロンをメインに徐々に蜂蜜、トフィーへと変化して行きます。味わいは完熟桃のジューシーな甘み、フルーツグミが口の中を満たし、ピンクペッパー、ウッドスパイスのアクセントと共に芳醇な蜂蜜へと変化し、柔らかな甘みが心地よく続きます。

バーボン樽のため、アウトターンが186本と少ない出荷になってます
お早めにこのメロン感があるプライベートカスクをお楽しみください

1shot ¥1700
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.08.31【日記】

若くて生き生きしたポートアスケイグ8年です

スペシャリティ ドリンクス社はスキンダー&ラジ・シン兄弟によって設立され、魅力的なウイスキーを輩出しています。また、数々のアワードを受賞している「ザ・ウイスキー・エクスチェンジ」を所有していることでも有名です。「ポートアスケイグ」はアイラ島のカリラ蒸溜所に近い港町の名を冠したアイラのシングルモルトで、各レンジの蒸溜所名は公表されておりません。
 

ポートアスケイグ 8年ヤングアイラモルトならではのしっかりとしたピーティさが前面に打ち出されたシングルモルトです。香りはアイラモルトらしい海岸にいるような塩気を伴ったスモークをメインに、爽やかなフレッシュレモン、モルティーな甘さが広がります。味はライム、ピートスモーク、蜂蜜、リコリスで、塩キャラメルの程よい塩味が加わり、フィニッシュに黒コショウ、岩塩を伴った旨みのあるピートスモークが再び現れて全体を心地よく包み込みます。

メーカーテイスティングより

1shot ¥1300
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.08.20【日記】

梅の名産地 和歌山よりプラミアが到着です(持って帰ったんですけど)

シングルモルトウヰスキーをベースに、和歌山県産「南高梅」と、オレンジピールを加えたリキュールです

 

ウヰスキーの持つ、スモーキーフレーバーと梅のホロ酸っぱさ、オレンジピールでまとめあげた和リキュールです

 

ざんねんながら、製造元にお聞きしても当時の資料がなくどこのモルトウィスキーであるかは、不明でした

 

ストレートも良いですが、甘さもありますので、オンザロックスでゆっくりとお楽しみいただければと存じます



¥1400

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.08.20【日記】

和歌山は中野BC様へ見学ツアーに行ってきたよ

ただいま、ジャパニーズウヰスキーに始まり、クラフトジンも熱いです

特に弊店では、パイオニアの「季の美」、その他多数のジャパニーズクラフトジンを10種ほどご用意

しております その中でもトップクラスに人気なのが「KOZUE」ジンです

高野槙というとてもフォレストフレーバー、鮮烈なイメージを持つジンです

今回おじゃまするのはそのKOZUEを和歌山県日南市でつくられている会社です

こちらは、漬け酒、醸造酒、蒸留酒を3種作られています・・・ つまり、3種も勉強させて頂きました

発起人は北新地で「酒肴人」をされている高村氏です たくさんの北新地のバーテンダーやお客様が

来られてました・・・(親方の人格やね)

出発から宴会スタート! もうフルスロットルな人もいましたが、酒に乱れ

ないのはさすがです お酒は楽しくナクチャね!







中野BC様にとうちゃこ! こんなところにあるんですね〜
ちなみにBCとは(バイオケミカル・クリエィション)のことだそうです
歴史ある会社ですが、新しいものへの探究心旺盛な活気ある会社でした




西浦さま ありがとうございます

創業者の方のご自宅を開放されている長久邸
1万平方メートルの庭!、120畳の大広間! 池には白鳥もいて庭を眺めながらお酒を飲めるのは
素敵です















開催にあたり、中野現社長よりのご挨拶を頂きました
お世話になります


梅酒、蒸留酒ご担当の山本さま


醸造担当の武田さま


ご紹介のあと、まずは梅酒製造工程へ


タンク内には総量の半分ちかくの南高梅や、多種の梅がつけられています
タンク量もたくさんあり、さずが梅の本場 和歌山県です

そして、見たかったKOZUEジンの源、蒸留器です
これは減圧、常圧どちらでも使える蒸留器です


松葉ではないですよ 高野槙です

そして、日本酒製造工程へ


洗米、乾燥工程


麹室は機械化もすすんでました






見学が済み、会場へもどるとすごい種類のボタニカルサンプルがありました 一堂にこれだけ
体験したのは初めてです




取り扱い商品もたくさん!
まさかこの後、サプライズでカクテルメイキングすることになるとは〜 汗


さて、まずは昼食会兼宴会です


長久邸より庭を眺めながら とても贅沢な時間が流れます


和歌山の食材を楽しみました


親方の発声で乾杯!


こちらには秋篠宮同妃両殿下もご訪問されていました
こんな写真 ラフロイグ蒸留所でも見たなぁ(チャールズ皇太子とカミラ夫人やった)


たっぷりな時間を過ごさせていただきました
中野BCさまありがとうございました これからもKOZUE提供に力も入りますね

帰路途中はお約束の黒潮市場へ・・・
ここは今年も天空のサイクリングで高野山へ登ったおりに来ました(ポルトヨーロッパ駐車場泊やったです 笑)

お世話になりました

工場見学は楽しいですね

校了

 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood

2018.08.18【日記】

不思議なジントニック

カナダから驚きのジンが日本初上陸!
美しいインディゴブルーの液体が
トニックを加えると色が変化するんです♪
しかも天然素材100%使用!

カナダの「ヴィクトリア蒸溜所」と
アフタヌーンティーで有名な
ヴィクトリア州の老舗ホテル
「ザ・フェアモント・エンプレス」が
共同で開発した驚きのジンが日本初上陸!

その鮮やかな青い色合は同ホテルの
ハウスブレンドティーにも使用されている
「バタフライピーの花」から抽出されており、
その他のボタニカルも全て
天然素材を使用しています。

味わいにおいても
「ワールド・ジンアワード2018」
ベストカナディアンクラシックジン
に選出された折り紙つき。

しっかりとしたジュニパーのアタックと
オレンジの様な柔らかな甘み
最後はコリアンダーの
スパイシーな香りが全体を纏めます。

見た目も味わいもマジカルな
日本初上陸のジンを
是非ともお愉しみ下さい。



COMMENT(0)
この記事を評価するGood3

2018.08.04【日記】

第3回熊本震災募金について

今回もみなさまの温かい御心が集まりました

奇しくも7月に広島方面大豪雨水害が発生したこともあり、今回は水害支援募金に振り替えさせて

いただきました(勝手な判断お許しください)


開栓の儀

¥29558も集まりました!(当店よりの基金も含みます) 全額、日赤の災害基金へ送金致しました(手数料は一切取らずに全額
現地に送金するそうです)


引き続き、水害災害基金募金を開設する予定です
みなさまの浄財を募金お願いいたします
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.31【日記】

ヘンプスパロー「東」入荷してます

HPより
ヘブンヒル2009はファーストフィルのバーボンバレルで8年熟成したコーンウイスキーです。


コーンウイスキーとしては異例ともいえる長い熟成を経たスピリッツは、樽から旨みの成分をしっかりとその身に蓄え、外観にはゴールドアンバーの美しい色調を纏いました。

香りは樽がファーストフィルということも手伝い、バージンオークにありがちな過度なスパイシーさが無く、程よいオークの香り、濃密なバニラの甘いアロマ、アーモンドの皮のようなナッティな芳ばしさがエステルのフルーティさを伴い立ち上がります。味わいは品のある甘さで、樽由来のタンニンの渋みが優しく舌をコーティングながら広がります。適度なドライさを持ち合わせているのも特徴で、フィニッシュにかけてナツメグのようなスパイシーさが鼻をくすぐりながらエレガントに切れ上がります。

スコッチウイスキーとは異なったフレーバープロファイルですが、全体的に上品なフレーバーで構成されているので普段シングルモルトを飲んでいる方にもおすすめです。ウイスキーに関する見識が広がる1本でもありますので、ぜひこの機会に長熟のコーンウイスキーをお楽しみください。

1shot ¥1500
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.15【日記】

アラン トリロジー(3部作記念すべき1本目)入荷です¥

(メーカーサイトより)
「アラン1998 トリロジー1stエディション」
は、
香ばしいオークのアロマが蜂蜜と麦畑の空気を引き連れて
立ち上がってきます。口に含むと、濃密な麦の甘みを軸として
その周りをバニラやシナモン、生姜のはちみつ漬け、ホワイト
ペッパーといったアランらしいフレーバーの数々が熟成に
よって一層深みを増して全体を構成しています。

シェリーの影響は控えめで、まさにアランのハウススタイル
そのものが、20年の熟成を経て正常進化した、
長熟アランのお手本と言える仕上がりです。

3部作の序章となるこの1本、ぜひお見逃しなく。


¥2700
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2018.07.15【日記】

スプリングバンク21年 入荷です!

スプリングバンク21年は1990年代に定番商品として流通し、ウイスキー愛好家の舌を唸らせてきた伝説のウイスキーで、2012年から年1回極少量のみ生産が再開された限定商品です。
今年はバーボン、シェリー、ポート、ラムの4種の樽を使用。世界3,800本の限定ボトリング。香りはバナナ、ココナッツチップ、トロピカルフルーツ、ブルーベリーで、ラムカスクならではのデメララシュガーの濃厚なアロマの奥から塩を含んだ海風を感じます。味わいは和三盆の上品で厚みのある甘さにアプリコットが寄り添い、塩の効いたパンチェッタ、タバコ、ヴィンテージレザーが広がります。フィニッシュは非常に長く、カイエンペッパー、シナモン、程よくスモークの効いたジャークチキンが加わり複雑に変化します。
4種の樽を使用した初のスプリングバンク21年です。ぜひこの機会をお見逃しなく。!
 

(メーカーサイトより)
香り: バナナ、ココナッツチップ、トロピカルフルーツ、ブルーベリー、デメララシュガー、海風
味:和三盆、アプリコット、パンチェッタ、タバコ、ヴィンテージレザー、シナモン、ジャークチキン

¥5500
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

昆布のボタニカル!? 赤屋根 ジン 「春」

季節ごとにリリースされるジン、第一弾。

ベースは芋焼酎、ボタニカルは桜・柚子・山椒・昆布・ジュニパーベリーを使用しています。

アルザスのオードヴィの造り手ジャン・ポール・メッテと取り組んだジンです。

 

ボタニカルに昆布が使われているからとは思いませんが、かすかに海藻風味 不思議なジンです


¥1300

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

これで3年!? グレングラッソー リバイバル

グレングラッサ リバイバルは、再開後に蒸溜された初のスタンダードアイテムです。

マネージング・ディレクターのスチュワート・ニッカーソンはウィリアムグランツで蒸溜所統括ディレクターを務めた重鎮で、閉鎖後の1987年から数年間グレングラッサの管理も掛け持っております

 

香り ミルキーでフルーティ。

複雑な味わいは昔のグレングラッサの雰囲気があります。

3年熟成と思えません・・・

 

まさに、グレングラッサの“復活”ですね

¥1200

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

ボウモア ヴォルト入荷です

ヴォルトとはボウモア蒸溜所内、貯蔵庫のこと

 

常に潮風が吹き込む貯蔵庫で寝かされたウヰスキーは独特の塩味を感じます

 

香りはアイラウィスキー独特のスモーキーフレーバー、ピーティさ

 

味わいはフルーツ、スパイシーなココア、ブラッドオレンジなどの風味。フィニッシュにかけて、ブラックベリー、海の塩、キンカン

 

まさにボウモアの本領発揮かと感じます

¥1800

 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

ウシュクベ アン・アルド・リ ブルーフラゴン なんか高貴なお名前・・・

「アン・アルド・リ」とはゲール語で偉大な王、王の中の王の意。

10年から20年のインチガワー、ベンリネス、クレイゲラキー、グレンゴイン、ダルユーイン、ブレアソール、オスロスク等18種類(グレーンは無し)のモルトをブレンドし、カスクストレングス、アンチルフィルタードでボトリングしました。

 

☆テイスティングコメント☆

たばこやなめし皮の妖艶な香りと甘いフルーツの香りにシナモンのスパイスさやナッツの香ばしさが調和します。はっきりとした香りと強い味わいで濃厚な飲み応え。

¥3100
 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

グレンキース21年 オーシャンズシリーズ11本目!

グレンキース蒸溜所は1957年にスペイサイドに創業。ストラスアイラの第2蒸溜所として 主にブレンデッドウイスキー向けに生産が行われていた蒸溜所です。1999年から生産を 中止していましたが、2013年より再稼働しています。

 

これは現在、マスターがはまっているシリーズです どれもこれも間違いなし! しかし、これでシリーズ11本目とか・・・

6本しか持ってない! くやしい

 

ホグスヘッドの21年熟成。シングルカスク、カスクストレングス ボトリング。

色は輝きのあるゴールド。香りはりんごのシロップ煮、レモンケーキ、 べっこう飴、蜂蜜。そして、針葉樹林にいるような爽やかさが広がります。味わいは 洋梨やメロンのフルーティーな甘味をメインにオレンジの皮のアクセント。徐々に 厚みのある蜂蜜、トフィーキャンディへと変化します。フィニッシュにジンジャーの 辛味が加わり、温かさのある余韻が続きます。
生産中止前に蒸溜された20年オーバーのグレンキースです

¥2500
 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

フォアローゼス シングルバレル 魅惑のバーボンもお楽しみください

1タイプの原酒だけをボトリングした、“フォアローゼズシングルバレル”。幾タイプもの原酒たちの中から選ばれたのは、蜂蜜やメープルシロップを想わせる香りにあふれ、シナモンやナツメグを想わせるスパイシーな味わいを持つ原酒タイプ。

熟成を重ね、香り立ちと味わいのピークを迎え、その個性がもっとも引き出される状態の原酒樽を、すべてジム・ラトリッジがテイスティング。

樽ごとの微妙な香りや味わいの違いを見分けながら、品質と味わいに納得できる樽だけを厳しく選び上げています

¥1400



 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

ベンネビス21y エリクサーディスティラーズ ウイスキートレイル 1996

エリクサーディスティラーズは

スキンダー&ラジ・シン兄弟によって設立されたスペシャリティードリンクスのボトラーズ部門で、

魅力的なウイスキーを輩出しています。

また同系列の店舗部門「ザ・ウイスキー・エクスチェンジ」は数々のアワードを受賞していることで

知られています。
 

ベン・ネヴィス1996は、ホグスヘッドの21年熟成で、シングルカスクのカスクストレングス

ボトリング。

90年代のベン・ネヴィスに期待する南国フルーツの風味が炸裂した、

魅力溢れるシングルカスクです。ぜひゆっくりと味わっていただきたいシングルカスクです。

 

香りはうっとりするような完熟したマンゴー、パイナップルの果実香の奥からトフィー、蜂蜜、甘い蜜を湛えたティアレが広がります。
味わいは柔らかで、香りと同様に南国果実のマンゴー、パパイヤの熟れた甘みにウッドスパイス、トフィーが混ざり合い、フィニッシュに感じられる紅茶が全体をきれいにまとめ上げてくれます。

¥2800
 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

ビックピート 京都エディション

「ご当地ビッグ ピート」は夏に楽しんでもらうことを想定して、ダグラスレイン社に“塩気”を強調したスペシャルレシピです。ピートや飲み応えをアップさせるため、今回も通常品(46度)より度数を上げた50度でボトリングされてます ピートおじさん(名前ないの?)の着物すがたもいいですね

¥1600
 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

モルトヤマさん 5周年おめでとう! グレンマレイ9年

アスタモリス様とのコラボボトリング

 

バニラ、ハニー、ヘザー、華やかに感じる香り

 

口に入れるとかすかにタンニンを含んだ甘いバニラ感

 

裏ラベルは富山市が行なっているAMAGING TOYAMAをイベージして作られてます




¥2100
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.07.13【日記】

ケイデンヘッド ノックデュー11年

1894年に創業され、スコットランドで最も小さく、最も魅惑的な蒸留所のひとつであるノックデュー蒸留所。その豊かな味わいのシングルモルトは、世界中のモルト愛好者を、魅了し続けています。

不況と戦時中の大麦供給の制限により、2度の閉鎖を経験したこの蒸留所は、1982年世界中でウィスキーの需要が減少したため、再び閉鎖されてしまいました。しかし、それは新しい時代の始まりでした。1988年インヴァーハウス社に買収され、1989年2月6日には生産が再開されました。

ノックドゥの伝統的な生産手法はほとんど変化しませんでした。ノックドゥの蒸留工程は、時の試練に耐え、自ら生み出す製品を紛れもなく誇りに思う人々により今日まで受け継がれている工程です。

唯一変わったもの…似た名前のノッカンドゥとの混同を避けるため、2000年ブランド名が『アンノック』に変更されました。

 

香り 紅茶の茶葉、ラズベリーアイス、火打ち石

味 弾ける甘さ、土っぽさ、カルダモン、杏仁、クレソン

¥1500
 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

洋酒舗 勘十里

ブログ内記事検索

  • 2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧