洋酒バカ一代

昭和27年より 大阪ミナミで親子2代に渡って営業しているバーの2代目です どうぞよろしくお願いします

2018.05.10【日記】

十勝ブランデー 島梟(しまふくろう)30年

「島梟 十勝ブランデー30年」 以前も十勝ブランデーを扱ったのですが、枯淡のコニャックでもない、アルマニャックでもない、日本独特のフレッシュながら濃いブランデーで美味しかったです

ぶどうの香りとよく熟した林檎、プルーン、バナナや上質の葉巻を思わせる甘く華やかな香り。30年以上という長期樽熟成ならではの芳醇でエレガントな熟成香が特徴です。
味わいはまろやかで、ほのかな甘みと心地よい苦みのバランスが絶妙。アフターはやさしく甘い余韻が長く留まり、鼻に抜ける極上の香り

1shot ¥2200
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.04.25【日記】

西郷どん(せごどんでは、ありもはん)入荷です

NHK大河ドラマ放映中の西郷どん(こちらはせごどんです)にちなんでかどうかは知りません

うまく、時流に乗っかった発売やなぁと思いつつも、お手軽なジャパニーズブレンデッドでしたので

入荷いたしました 海外よりのお客様も多いことですし、きっと喜んでいただけると思います

かといいましても、珍しさだけのウィスキーではありませんよ

鹿児島にあるマルスさんの津貫蒸留所ブレンダーが渾身こめて作られたブレンデッドです

最初、ほのかに甘さと木香を感じます 口に入れると少々スパイシーからまろやかな広がりを

感じます ストレートでも楽しいのですが、これはすっきりとハイボールや、オンザロックスで

お楽しみ頂けたらと存じます 鹿児島芋焼酎と西郷どんとの半分割も楽しいです


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.04.16【日記】

ジャパニーズジンも新入荷してます 桜尾ジン!

「Sakurao Gin Original」は、広島が育んだフレッシュな柑橘類など9種類のボタニカルと、伝統的なジンに使用される4種類のボタニカル、そして日本ならではの「桜花」の計14種類を原料に使用しています。ベーススピリッツにボタニカルを浸漬して蒸留するスティーピング方式と、蒸留経路にバスケットを設けてこれにボタニカルを入れ、アルコールの蒸気が通過する際に香味を抽出するヴェイパー方式を同時に行うハイブリット方式で製造しています。それぞれのボタニカルに最適な方法で香味を抽出したクラフトジン「SAKURAO GIN ORIGINAL」は、柑橘の香りと伝統的なジンの風味が融合したアロマが特徴です。

メーカー表記より

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.04.16【日記】

キルホーマン5年 ソーテルヌワインフィニッシュ入荷です

アイラ島産ピートをたっぷりと焚き込んだフェノール値50ppmのヘビーピーテッド麦芽を使用。
1stフィルバーボンバレルで約5年熟成した後、世界三大貴腐ワインとして知られるソーテルヌワインの空き樽にて8か月間追熟し、シングルカスク、カスクストレングスでボトリング。
色はゴールデンアンバー。
香りはキルホーマンらしい力強いピートスモークのレイヤーの奥から夏みかん、バニラ、蜂蜜、潮風が広がります。
味わいはソーテルヌワイン樽ならではの塩気を伴った芳醇な蜂蜜の甘みにピートスモークが混ざり合い、バニラや麦芽、オレンジ、ネクタリンが顔を覗かせ、フィニッシュに再び広がる蜂蜜が心地よい余韻となり長く続きます。
キルホーマンのスモーキーなフレーバーとソーテルヌワイン樽由来の甘美な味わいが見事に溶け合ったキルホーマンのシングルカスクです。

1shot ¥2000
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.04.16【日記】

またまた感動の入荷です

過日のブナハーブンで興奮しましたが、このアラン11年 ブルゴーニュワイン熟成はもっと凄かった

大概、色々な樽フィニッシュというのが多いのですが、これは11年間ブルゴーニュワイン樽で寝かせた

1本 さらに、日本限定という・・・ これは飲めるうちに飲んどかないと!

ブルゴーニュの赤ワイン由来のカシス、サルタナレーズンがバニラ、トフィーと共に一気に溢れ出し、

ミルクチョコレート、日焼けしたオークへと変化して行きます。

甘さと香りはまさにワイン由来 さらに、タンニンが素晴らしいワインを感じさせてくれます

ワイン好きな方にも飲んで頂きたいですね

もっと買っておけばよかった

 1shot ¥1400

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.04.06【日記】

ケンタッキーダービーといえば

今年も5月5日 ケンタッキー チャーチルダウンズ競馬場でケンタッキーダービーが開催されます

ケンタッキーダービーと言えば、ミントジュレップがオフィシャルカクテルとして有名です

従来よりオフィシャルカクテルには、ウッドフォードリザーブが使われていることが有名です

今年より、さらにウッドフォードがオフィシャルスポンサーの一員ともなり

まさに、ケンタッキーダービーと言えば、ウッドフォードを使ったモヒートが欠かせませんです

ただいま、オフィシャルカクテルをご提供しておりますので、ぜひスカッとしたオフィシャルカクテルを

お楽しみください!

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.04.06【日記】

ブナハーブン14y こりゃ!!!

取引させていただく、富山のモルトヤマ様の5周年となる記念ボトル

ブナハーブン(アイラでは珍しいノンピーテッドモルトを作られてます)の2003年蒸溜

2017年ボトリング シェリー樽熟成の1本

ラベルは優美な富嶽図 赤がシェリーをイメージさせてくれますね

さっそく飲んでみると、14年の熟成感にシェリーがくどくなく乗っかてます

くどいゴム臭のシェリー熟成ウィスキーもそれはそれで楽しいですが、これは

ノンピーテッドで美味しいブナハーブンにヴェールのようにシェリーが覆うような

エレガントなウィスキーに仕上がっております

ぜひ、ぜひお試しいただきたい1本です

1shot ¥2000
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.26【日記】

バーで春を満喫してみませんか

春や春・・・ 桜も満開半ば

みなさん、花見のタイミングを考えておられるのではないでしょうか?

雨が降ったりしたら予定が・・・

ただいま、当店では桜ハイボールキャンペーンを行なっております

デュワーズハイボールに桜が そして香りが

炭酸の泡の向こうに春を感じてくださいませ

数量限定ですのでお早目に・・・

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ご案内
この記事を評価するGood

2018.03.22【日記】

店内360度写真です

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood

2018.03.19【日記】

ウィスキーファインドより山海経シリーズ第8弾「共工與祝融」入荷です

よくある、後塾をフルティーな酒樽を使ったものとは違い、直球勝負でホッグスヘッド樽27年熟成

ホッグスヘッドサイズで27年とはすごい事です

中身はクライゲラヒ27年です

 

熟成感は27年以上!マンゴー、パパイヤ風パッションフルーツの香りが鼻腔をくすぐります

口に入れた途端、口の中は南国に・・・

ジュージーさ!果実ような甘さから、さわやかな花蜜のような爽やかな甘さに変化してゆきます

 

『山海経』は、中国の地理書。中国古代の戦国時代から秦朝・漢代にかけて徐々に付加執筆されて成立したものと考えられており、最古の地理書とされる

台湾のウィスキーファインドからリリースされている山海経シリーズの第8弾「共工與祝融です

限定285本の1本です
 

1shot ¥4800
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.19【日記】

とりあえず世界最高のフェノール値を更新した08.3アイレイバーレイ入荷してます!

以前、世界一ピーティさを表すフェノール値というものを、露わにしたオクトモア

当店でも06.3アイラ・バーレイを買いました(世界一フェノール値が高い、258ppm)

 

ところが、今回発売されたこの08.3アイラ・バーレイはなんと!309.1ppmです

決して、フェノール値がすべてではありませんが、やはり数値で表されると興味津々ですよね

 

従来よりアイラ・バーレイはアイラ島で収穫された麦を原料にしておりますが、この08.3は

アイラ島「オクトモア農場」で収穫された大麦のみを使用した、オクトモアの中のオクトモアです。

熟成は全期間アメリカンオークのバーボン樽で熟成した原酒56%、/ 全期間ヨーロピアンオークのワイン樽で熟成した原酒44% (ポイヤック、ヴァントゥー、ローヌ、ブルゴーニュワイン)

 

すごい力の入ったテイスティングノートでしたのでオフィシャルのをそのまま転載させていただきます
☆オフィシャルテイスティングノート☆

色 : ゴールデンシロップ

香り : トーストしたオークと土っぽいピートの煙、バンデージ。メープルシロップ、洗い立てのリネン、貝。ピートモスの上に茂るヒースの上に寝転んだ記憶を呼び起こし、あたたかな日差しが野の花の香りを和らげている。さくらんぼ、桃、マンゴー等のフルーツに、オークと麦由来のクリームブリュレとトフィー。

味わい : 最初に訪れる爆発的なピートのサプライズは苦味を伴い、圧倒的。もう一口含むと、さくらんぼとピーチ、トーストして甘さの出たオーク、ダークチョコレート、ブーツ磨き、海藻。このレベルではピートは雷雲のようで、あたりの空気までも煙で包み込む。骨まで染みるようだ。

フィニッシュ : 複雑。少し焦げすぎたカラメルのクリームブリュレ。ダークプラム、オレンジとキウイがモルティングされた大麦の甘さとうまくまとまっている。ピートの煙は、ローストしたコーヒーや焦げたヒースを感じさせつつ凄まじい存在感を示し、永遠に記憶にとどまるはずだ。

私もてテイスティングいたしましたが、口がしびれました・・・

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.16【日記】

一風変わったところで、松井ウィスキー「鳥取」はいかが?

メーカーHPより
オーク材の小さな新樽を使用し、バニラや果実を連想させる甘く華やかな香りとスパイシーで爽快な味わいを大自然の伏流水がまろやかですっきりとした味わいに仕上げました

だそうです
ご興味のある方はぜひお試しくださいませ!

海外からのお客様の珍品要望にお応えすべく入荷致しました
もちろん、倉吉もございます・・・

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.16【日記】

グレンモーレンジ ドゥーノッホもとうちゃこです!

ドゥーノッホとは
ドーノッホ湾に面したテインの街にグレンモーレンジ蒸留所があるところからですね

同蒸留所としては珍しいピートを効かせた原酒を使用しており、ライトピート原酒のオロロソ シェリー樽熟成、伝統的なバーボン樽熟成、アモンティリャード シェリー樽熟成の3タイプの原酒の組み合わせで造られています。

これも3種の織りなすハーモニーが素敵な1本ですね
シェリー樽を2回かけてる分甘さが強調されそうですが、ライトピート原酒が肝です
甘さとスモーキーさ、これはウィスキー好きにはたまらない両輪のようです

あと、ここがポイントです

このウィスキーの売り上げの一部は、スコットランドの海洋を保護する協会へ寄付されています。
みなさんのオーダーがスコットランドの海洋保護へ繋がってゆきます・・・

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.16【日記】

守護聖人 デュタック入荷です!

デュタックの由来
名称は、グレンモーレンジのホームタウンであるタインの街の守護聖人セント デュッタクにちなんで付けられました。


バーボン樽熟成原酒と一部をペドロヒメネス シェリー樽と焦がしたバージン オーク樽でフィニッシュをかけた原酒との組み合わせで造られています

3種の異なった樽を組み合わせたデュタック・・・ PXの甘さとバーボン樽由来の甘さ
そして、バージンオーク樽由来のウッディネス 幸せ一杯のグレンモーレンジに仕上がっております

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.16【日記】

スキレンとは一味違うグランサをどうぞ・・・

オフィシャルの16年が原酒不足で惜しまれながら終売し、国内向けにスキレンをリリースしたと同時期にイギリス向けにリリースされたのがこの『スキャパ グランサ』。
ファースト・フィルのバーボン樽で熟成後、ピーティーでスモーキーなウイスキーを熟成させていた樽で熟成。

スキレンと比べピートタイプのウイスキー樽で追加熟成されている分、スキャパの新たな味わいを感じられる逸品となってます。

スキレンとグランサの飲み比べも楽しいでしょうね!
ご希望がありましたらハーフ&ハーフでぜひどうぞ!

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.16【日記】

ラベル買い? ちゃいますよ w

セルキー(selkie:スコットランド語)とは、現地で 古くから伝承されている神話に登場する伝説の生き物 のことで、元々の語源は英語のseal:あざらしに由来 しています。普段は海中であざらしとして生活をして いますが、陸にあがる時には皮を脱いで人間の姿にな ると言われています。男女ともに美しい姿をしている そうで、人間との恋愛に発展するもその多くは悲しい 結末を迎える悲恋物語となります。

本作のセルキーは 女性、自らの皮を脱いで美女となり、海上の岩に腰掛けている妖艶な姿が描かれています。この神話の多く は北西の小さな島々が連なる諸島で伝承しており、海と密接に関係した生活を送っていた者たちにとっては ロマンを馳せる絶好の対象でした。

ゴールデンカスク・シリーズを手掛けるボトラーズブランド「ハウス・オブ・マクダフ」 がリリースする新ブランド、ハイランドモル ト数種とアイラモルトをヴァッティング、ス モールバッチで50%・500ミリにて瓶詰 されています。商品名の由来は上記のとおり スコットランドの古い神話に登場する美しい 女性で神秘的な存在同様、内容はシークレッ トですが美しい姿には一度試さずにはいられ ない妖艶な魅力が秘められているかも・・・

店主テイスティング
アルコール度数50度を感じない、柔らかな芳香が鼻をくすぐります
アイラとバッティングということで、もっとスモーキーかと思いましたが、穏やかに香っております

飲んでみても、まずはハイランドモルトらしい華やかで甘い味が口いっぱいに広がります そして、最後奥の方からアイラ・モルトが顔を出します いやぁ面白くて楽しくて美味しいです

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.03.15【日記】

酒棚新調致しました!(すっきり!)

まぁ、65年も営業しておりまして、先代も洋酒が好きで結構な蔵酒がございました。その数650本

十分じゃないかと言われそうですが、ほとんどが古酒でして気軽にお売りする代物が少なくなり

私の代になりまして血が騒ぐのか、根っから好きなんでしょうね ぼちぼちと良さげな洋酒を買い求め

ておりましたら、気がつくと1000本を越えておりました。

まさに、かっこ悪いのですが、床ボトルもあちらこちらへ・・・ 



それよりも設置していた酒棚の横板

が、たわんできているではないですか!これではおちおちと仕事も手につきません

ようやく重い腰を上げて、酒棚を新調設置することに致しました

まずは、今の酒棚とお酒を移動しなくては!!! これが大仕事でした

カウンターと客席下に・・





すっきりしました


しかし、これだけあるとは・・・

翌日早朝より業者さんが入って工事開始です わくわく
水平を出すレーザーだそうです(便利な機械がありますね)






だんだん、形が見えてきましたね
お昼に明るい日曜日のミナミを歩いてみました
すでに日本では無かったです・・・(;_;)

しかし、現在の大阪経済を支えているのは紛れもなく海外よりのインバウンドマネーであることは
間違いないのです・・・しっかりしようよ日本人のみなさん!



はやくお酒を収めたいです


まだ棚も仕上がっていないというのに、さらに新しいお酒が届くというアホさかげん 笑
この新しいグレンモーレンジ2本 それぞれ違ったシェリー樽後熟で美味しかったですよ〜


で、時間は予定をすっかりすぎて22時を回ってきました 私もいつまで立会いしなくてはいけないの
かな?って不安になってましたら、業者さんより後はやるので帰ってもらって良いとのお許しが出た
ので嬉々として明日の出来上がりを楽しみに帰宅しました

翌、月曜日は溢れた酒を整理して収めなければいけないので、10時に入店しましたら・・・まだ
完全に完成しておりませんでして・・・ 聞くと今朝の5時まで作業していたそうです (;_;)

で、取り急ぎ残作業を済ませて頂きます


作業が済み、掃除片付けを済ませてから、一気にボトルを片付けます
ようやく完成致しました! 今回整理してみたら、現在の蔵酒は1000本を越えて
1500本を有に越えておりました・・・・laugh
きっと2000本はすぐでしょう・・・(どうすんねん?というお尋ねはごもっともです)
飲みたいウィスキーが手軽に見つかると思いますよ・・・・

収まりました〜(奥の方はまだ余裕があります)


さぁ、今日も皆様のご来店を心よりお待ちしております!
 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood4

2018.02.22【日記】

マッサン再放送だそうですよ!

2014年9月放映開始 そこから火がついたジャパニーズウィスキーブーム・・・

再放送があるそうです ちゃんと見れなかったみなさん! ぜひ!

https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/90000/290758.html

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood

2018.02.16【日記】

ハイランドクィーン マジェスティ12年 シングルモルト 入荷です

1561年から続く、伝統の系譜。
 
スコットランドの歴史と独立精神の現れともいえる人物、スコットランド女王メアリー・スチュワート。6歳でフランス皇太子と婚約したため、フランスで幼少期を過ごしました。

その後結婚するも、フランス国王の死により未亡人となり、1561年にスコットランドへ帰国。エジンバラ近郊のリース港に上陸しました。

美しく、才能溢れるその人柄は、すぐに人々の心をつかみ、メアリーはスコットランドで最も名高く、慕われた人物となりました。

およそ330年後、同じリース港にあるマクドナルド&ミューア社で記念すべきブレンデッドウイスキーが生まれます。

リース港がメアリー・スチュアートの上陸地だったこと、そして人々の敬愛を集め慕われたメアリーの様なウイスキーを目指しこのウイスキーは「ハイランド・クイーン」と名付けられました。

蒸留所はシークレットですが、まぎれもなくハイランドの蒸留所でしょう

目立った特徴よりも、とてもバランスの良いしっかりとしたモルト・ウィスキーです

 
香り】
美しい花の香りと甘さを感じる繊細でなめらか、穏やかな香り

【味わい】
上品で丸みがあり、なめらかな優しい味わい。すっきりとしたナッツの甘さを感じる。

【余韻】
芳醇で上品な味わいが長く続く。
 
ジム・マーレイ著 ウイスキーバイブル2013 86.5ポイント獲得

1shot ¥1300
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2018.02.16【日記】

サントリー様 ありがとうございます

今日、突然サントリー様から宅配便がきました

何か注文した? また何かのキャンペーン販促品?

開梱してみたら角瓶誕生80年の記念ピンバッジセットと復刻角瓶(450ml)が2本入ってました

どうやら、以前にウィスキーヴォイスに投稿した人限定で送られているようです

いやぁ、さすがリーダーカンパニーです 太っ腹ですねぇ

ありがとうございました またヴォイスに投稿しよっと・・・

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood

プロフィール

洋酒舗 勘十里

ブログ内記事検索

  • 2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧