洋酒バカ一代

昭和27年より 大阪ミナミで親子2代に渡って営業しているバーの2代目です どうぞよろしくお願いします

2019.07.06【日記】

おなじみビッグピートのRAF仕様が出ましたよ!

RAFとは英国王立空軍のことで、ダグラスレイン社の創業者であるフレッド・ダグラス・レイン氏も第二次世界大戦中にはその一員として飛行していたそうです。そのような縁もあり、RAFの元隊員やその家族に対して献身的な支援を続けているRFA慈善基金が100周年を迎えたタイミングで今回のチャリティーボトルがリリースとなりました(HPより)

スタンダードより少しアルコール度数を高くされていて、パンチも十分

チャリティーにもなりますしね ぜひ、一度はお試しください

1shot ¥1500
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.07.06【日記】

The Inland Sea –瀬戸内−ジンが入荷です

限定品ですぐに市場から姿を消したのがとても残念です 
もっと継続的に作って欲しかったです(初期ロットはないですが、第2弾に期待大なジンです

以下、案内文より転載です

瀬戸内の新しい楽しみ方を教えてくれる会社〈WH JAPAN〉が
今回手がけたのは、風光明媚な海を感じるクラフトジン。
その名も〈The Inland Sea –瀬戸内−(以下The Inland Sea)〉
岡山のパクチーやブドウ、徳島のゆず、愛媛のレモン……。

名産品の素材をベースにしつつ、
徳島の昆布、岡山のお茶、クロモジ、広島の山椒などアクセントになる素材が加わります。
仕込水ももちろん瀬戸内のもの。
岡山県を流れる一級河川「旭川」の伏流水を地下100mから汲みあげて使用しています。
主だったボタニカルは以下のとおり

生姜(愛媛)・ 山椒(広島)・ パクチー(岡山)・ ゆず(徳島・愛媛)・ レモン(愛媛)・ ブドウ(岡山)・ 茶(岡山)・ 昆布(徳島)・ クロモジ(岡山)など

しまなみ海道に思いを馳せるようなジンでした

 

当店ベスト3の牙城は崩せませんでしたが、ベスト5には入る美味しさでしたよ
ぜひ、冷たいジンソーダでお楽しみください


1shot 1400
 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.06.12【日記】

バレッヒェン10年 リフィルシェリー

リフィルとはいえ、濃厚そしてバレッヒェンの真骨頂たるスモーキー&ピートのバランスが
とても楽しめる1本です

香りはリッチ、オイリーでピーティ、熟したフルーツ、後からスパイスとレモンキャンディ

味は濃厚オイリーで潮っぽさ、後からキャンディ

フィニッシュはショウノウ(洋服の虫除け)、スモークした肉

エドラダワーのもう一つの顔として、密かなファン多しですね

あっ、それからこれは友人がいるラ・メゾン・デュ・ウィスキーリリースなんですよ

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.05.31【日記】

天国?から来たラム入荷です

かのトムソーヤの大冒険という小説を書いたマーク・トウェイン曰く神はモーリシャスを最初に創り、そしてモーリシャスを真似て天国を創った と・・・ すごいね 行ったことないですけど・・・

そのモーリシャスの特産品のひとつがサトウキビ 通常のラムはサトウキビジュースから砂糖の結晶を取り出し、その残り(廃糖蜜)を発酵蒸留してつくるんですが、これは廃糖蜜ではなく砂糖結晶も含んだサトウキビジュースから作られた、アグリコールラムです


仄かなバニラ、砂糖漬けのフルーツとシェリーのふくよかな香りが織り成す完璧なバランスが生み出す風味と共にお楽しみください。
熟成にはフレンチオーク樽とアメリカンオーク樽を使用し最後にシェリー樽でフィニッシュされてます

ラベルに描かれているのはキング・ジョージ5世は1900年代のイギリス王、モーリシャスもその昔、イギリス領であったことから栄誉なラベルにしてあるそうです

1shot ¥1300 凄みのある割にはお手軽感ありますね
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.05.11【日記】

フォーピラーズ オーストラリア・ジン 入荷です

 

社名のフォーピラーズとはジンの製造に欠かせない「スチル」、「水」、「ボタニカル」、「ジンへの情熱」の4本柱(Four Pillars)を意味しています。

レアドライジンは、同社のフラグシップアイテムで、有機オレンジの風味が効いたスパイシーな味わいが特徴のジンです。使用しているボタニカルはオーストラリア産のペッパーベリー・リーフやレモンマートル、有機オレンジなどを含む合計10種。有機オレンジはピールだけでなく半分にカットしたものを丸々使用し、ベイパーインフュージョン用バスケットに入れて蒸溜しています

1SHOT ¥1200
 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.05.11【日記】

ミクターズ トーステッド・バレル・フィニッシュ入荷です

スモール・バッチ・バーボンはアメリカで最初の蒸留所として創業したミクターズ社の伝統を受け継ぎ最高のアメリカ産のコーンを使い完璧なまでに熟成させ当社独特の濾過方法により味を柔らかくしています。そのUS-1バーボンを18カ月間自然乾燥させ、内面を軽く焦がした(トースト)新樽に再貯蔵し仕上げたバーボンです。アメリカでは発売開始した途端、人気になりました。


香ばしい樽香とサワーマッシュな香りが特徴です。味の特徴は、キャンプファイアー、シナモン、ピカン、砂糖漬けのフルーツの香りで、後味に焼いた梨、バニラとマシュマロの香りが長く続きます

軟弱なバーボンが増えた昨今、骨太なバーボンと言えます

1SHOT ¥1500

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.04.22【日記】

勘十里輪行サークルのご案内です

日頃洋酒バカを自称しておりますが、健康管理にも気をつけたいですね

私自身、自転車ライフがとても健康維持に役立つと認識しており(無論、スポーツ全般健康に

良いのは理解しております)ただ、飽きずに続けられるスポーツのひとつだと思います

当店の輪行サークルは、名のとおり輪行体制にできる自転車ならなんでも歓迎です

現在は、ロード、小径車、MTB、クロスバイクなど多様な自転車でご参加されています

それぞれ、走行性能が違うところはクラス分けしたりしてみなさんが楽しめるような企画を

考えております

現在、自転車ライフを楽しんでおられる方や、これから始めようと思っている方 大歓迎ですよ

ただ、当サークルでガンガン走ろうと思ってる方は、ガンガン走る別のサークルで頑張ってください

当サークルはサイクリングレベルで和気藹々と楽しみましょうというコンセプトです

4月21日新しく入った方の歓迎嵐山サイクリングの模様です

http://bar-country.com/rinko_circle/photo/arashi/index.html?fbclid=IwAR3u7g_qKlbA7_MIQ7e8FGpHKKXRE9Y08u7scWEUsenxAznahepkeaTkXBg
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.04.17【日記】

メーカーズマーク カクテルプロモーション

昨年、実施されました メーカーズマークカクテルプロモーション

上位5名をメーカーズマークへの研修招待を目指して頑張ったのですが

力及ばず、特別賞にとどまりました

あぁ ケンタッキーへ行って見たかったなあ

http://bartendersclub.blog.suntory.co.jp/009470.html

でも、やるべきことはやったので悔いはありません

応援していただいた皆様、ありがとうございます

この場をお借りして御礼申し上げます

店主 敬白
 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • 雑記帳
この記事を評価するGood

2019.03.30【日記】

アラン ソーテルヌカスク 入荷です

トラディショナルオーク樽で8年熟成後、フランスの甘口貴腐ワイン「ソーテルヌ」の空き樽で追加の熟成を行いました。ワインとクリーンな資質を持つアランモルトが見事な融合を果たしています。30年以上に渡りウイスキーの製造に携わるマスターディスティラーのジェームス・マクタガートが慎重にモニターし、最適な期間ワイン樽で追加熟成しました。カラーリング、冷却ろ過は行わず、50%でボトリングし、ウイスキー本来のフルフレーバーをお届けします。

☆テイスティングコメント☆
色 : アンバー
香り : 蜂蜜、メロン、マジパン、バナナ、ナッツ
味 : 蜂蜜、バニラ、サルタナレーズン、トーストしたオーク、塩

1shot ¥1400

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2019.03.30【日記】

ストラスクライド29年(グレーンウィスキー)ケイデンヘッドより入荷です

ケイデンヘッドは1842年アバディーンに創業したスコットランド最古の
インディペンデント・ボトラーです。100年に渡り、創業者の元で経営されておりましたが、
1972年、スプリングバンク蒸留所を所有するJ&Aミッチェル社に経営が引き継がれ
現在に至ります。ノンチルフィルターとノンカラーリングをポリシーとし、
175年以上の歴史が積み上げた蒸溜所とのコネクションと磨かれた目利きによる品質の
高さは他の追随を許しません。

スモールバッチシリーズは、同社GMのマーク・ワット氏が厳選した少数の樽を
瓶詰めしたシリーズで、圧倒的なコストパフォーマンスも魅力の一つです。

ストラスクライド蒸留所はグラスゴーを流れるクライド川北岸を眺めた位置にあり
モルト蒸留所のあるような雰囲気ではありません しかし、グレーンウィスキーの歴史は長く
今でこそ脇役のような存在です しかし、昔よりバランタインを構成するウィスキーの一つとして
美味しいグレーンウィスキーを提供し続けています

香り:長熟のラム酒、黒糖、ファッジ、パプリカ
味:シナモントースト、ライム、ダークチョコレート、ペパーミント

店主は以前より長熟のグレーンの美味しさそして、決してモルトの同年数に比較して安く手に入るところに

着目し、数本グレーンを所有しております

この機会にグレーンウィスキーの美味しさをご体験ください

1shot ¥2500
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.03.14【日記】

ハイランドパーク フルボリューム入荷しました

ハイランドパーク フルボリューム」は、ウイスキー造りも音楽創作も「バランス」が大切であるという共通点に基づいて開発されました。ウイスキーのブレンディングを、音楽創作において重要である音の周波数のファインチューニングになぞらえ、個々の樽の個性とフレーバーの波を組み合わせて最良のバランスを作り上げています。
1999年に蒸留し、アメリカンオークのバーボン樽で熟成した原酒を100%使用。2017年にボトリングしています

ミステリアスな漆黒のボトル、ボックスにはクラシックなギターのアンプからインスピレーションを得たデザインが施されています。ボックスの側面には、ピートやヴァニラ等のフレーバーの強さをボリュームのつまみで表現し、「フルボリューム」の名の由来を示しています。

メーカーHPよりテイスティングノート
➢カラー:自然な軽めの淡黄色、クリアで明るい

➢ノーズ:ヴァニラ、ココナッツ、マンゴー、パイナップル、スギの香り
➢パレット:レモンピール、ヴァニラ、ライトスモーク
➢フィニッシュ:シトラス、ライトスモーク、クリーミーヴァニラ


1shot ¥1800

箱自体がスピーカーアンプのようです



箱にチューニングボリュームが描かれてます
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.03.14【日記】

モンキーフェア始めます

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ご案内
この記事を評価するGood

2019.03.11【日記】

ケイデンヘッド グレンロセス21y

ホグスヘッドの20年熟成。4樽を使用したカスクストレングスボトリング

(メーカーHPより)
香りはジンジャーブレッドをメインにストロベリー、レモンボンボンが現れ、アクセントにグラッシーさが加わります。味わいはオイリーで、ホワイトペッパーが舌の上で小気味よく弾け、カスタードタルト、シロップで煮たピーチの柔らかな甘みが口いっぱいに広がります。フィニッシュはフルーティな甘さから一転してドライに切れ上がります。




コストパフォーマンスにあふれる21年ものですね

1SHOT ¥2000
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.03.11【日記】

グレンアラヒー10y 信濃屋&ウィスキーファインド コラボウィスキー

ダグラスレイン社のラインナップの中でもユニークなラベルは、

ウィスキーファインド社の専属デザイナーが今回のジョイントを体現した1枚を製作。

酒販店テイスティング

【香り】ダークシェリー、プルーン、
ブラックカラント、インク、
カカオの酸味とアーモンド、
奥から、新品の皮製品、パイプの煙や洗濯糊。
【味わい】口に含むと、サルタナレーズン、
アメリカンチェリー、オレンジケーキ、
マジパン、ベトナムコーヒーと煙草、おはぎ。
【フィニッシュ】フィニッシュは中程度、ナツメグ、
ダージリンティー、シナモンロールが印象的。
【コメント】非常にパワフルで、
ダークフルーツの甘さとナッティなボディ、

とてもパンチのあるシェリーです



1shot ¥2300

COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.03.11【日記】

ひさびさにお勧めしたい日本のクラフトジンと出会った 香の森

2019年3月1日リリース

なんと養命酒からのジャパニーズジンのリリースです
当店では10種類以上のジャパニーズジンをご用意しております

その中でも秀逸に感じるのは、季の美、そしてコズエでした 今回の香の美はその中に含めるくらい
ユニークで美味しいジンでした

ジャパニーズを謳うだけあって、高級つまようじに使われる「クロモジ」の香りが鼻をくすぐります
それから、ジュニパーの香り

味わいは少し甘さを感じます

あとは皆様の鼻と舌でお確かめくださいね

1shot ¥1300
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.03.11【日記】

ラ・メゾン・ド・ウィスキー アーティストコレクティブ カリラ 入荷です

ご縁です ラ・メゾン・ド・ウィスキーのアンヴァサダー サルバトーレ氏と知り合いになって数年です ぞのLMDWよりリリース

カスクタイプ : 1stフィル・ホグスヘッド

フランスのパリに拠点を構える世界的に有名なラ・メゾン・ド・ウイスキー社が2017年秋に初めてリリースした新しいシリーズ「アーティストコレクティブ」です。
「アーティスト」シリーズよりもお手頃ですし、そのパッケージは「ザ・テン」シリーズよりも高級感が出ています。

☆輸入元のテイスティングコメント☆
香りは複雑でスモーク、ヨードと潮、シトラス系とバニラ、灰にコショウ。味は力強いアタックとデリケートなピート、後から潮風と海。エネルギッシュなフィニッシュで濡れたロープにオイルとグリーンオリーブ。

アーティストシリーズは最上位レベル ちょっとご予算が合わないなぁって方も
LMDWシリーズを堪能したい方にもオススメのカリラです



1shot ¥1600
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.03.11【日記】

キャンベルタウンモルト スプリングバンクよりロングロウ到着です(何本目? w)

(メーカーHPより)
ロングロウはスプリングバンク蒸溜所で、ピートのみで48時間乾燥させたフェノール値50-55ppmの麦芽を使用し、2回蒸溜でつくられるヘビーでオイリーなキャンベルタウンシングルモルトウイスキーです。
 
香りは甘いピートスモーク、バニラ、マカロン、レモンメレンゲに海藻、ドライオーク。味は蜂蜜のど飴、バニラトフィー、リンゴ、ホタテのBBQで、ピートスモークがリズミカルに飛び跳ねます。軽やかでありながら、飲み応えのある秀逸なバランスで、ロングロウのあるべき姿を最高の形で表現しています。
キャンベルタウン特有の潮っぽさとピートスモークの絶妙なハーモニーをぜひお楽しみください。

1SHOT ¥1300

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1

2019.03.10【日記】

日本未発売 メンフィスよりDOC52入荷です

バーボン好きな方は見逃すなかれ
未だ、日本国内では未発売のDOC52 入荷です

このバーボンはメンフィスの小さな飲食店 Doc's Wines、Spirits&Moreがリリースしたプライベートブランドです そして、今後もプライベートブランドを発信して行き、新しいメンフィスバーボンシーンを作ってゆくはずです

DOCとはもともと、この店になる前Roy Pageという外科腫瘍医が所有しており、売り出しの際、「52週の売り出し中の家」というスローガンを持っていたところから由来します

味はウッドフォードリザーブのダブルオークとおなじプロファイルを持ち、芳醇なバニラ、キャラメル様な香り そして深いマッシュからくる甘さを蓄えています
少しの加水がより楽しみが広がる感じです

1SHOT ¥2000
COMMENT(0)
この記事を評価するGood2

2019.03.10【日記】

ヘンプスパロウ シークレットオークニー(でも・・・)

シークレットだけど、ハイランドパーク・・・(オークニーには2箇所だけだし)

この蒸溜所らしいピートを纏った香り高いヘザーハニーが広がり、続いてオレンジピール、キャラメル、ビスケットへと変化して行きます。味は、ほんのりと塩気の効いたヘザーハニーの甘みを軸にピートでスモークしたパイナップルやアプリコットが絡み合い、心地よい調和をもたらし、フィニッシュに再びピートスモークが現れ、全体をきれいにまとめ上げてくれます。
ヘザーハニーとピートスモークが調和し、蒸溜所の特徴がはっきりと表れた素晴らしいシングルカスクです。スコットランドでも屈指の人気を誇る蒸溜所ながら値ごろ感も十分ありますので、ぜひこの機会をお見逃しなく。
少し加水すると、さらに香り高く楽しめますよ




1shot ¥1400
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

2019.03.10【日記】

カバリュスシリーズより ダルリンブル入荷です

<輸入元コメント>
「カバリュス」は、お酒と共に昔から人類と密接な関係のある“馬(学名:エクウス・カバリュス)”のように力強く躍動感ある様々な表情を見せるウイスキーをボトルに詰めたシリーズです。

ダルリンプル2011はローランドのガーヴァン蒸溜所と同じ敷地内に2007年に設立されたある蒸溜所のモルトウイスキーをメインに使用したティースプーンモルト※で、ラベルの二頭の馬のように、兄弟蒸溜所のふたつのシングルモルトが寄り添っています。バーボンバレルの7年熟成で、カスクストレングスボトリング。香りは、洋梨の柔らかなトーンから徐々に蜂蜜、バニラクリームに変化し、胚芽クラッカー、ミントがアクセントに加わります。味はオイリーで、蜂蜜レモン、バニラシロップの甘みにペッパー、ナツメグのアクセント。フィニッシュにモルトの甘みが現れます。日本での流通がほとんどないローランドのモルトウイスキーを99.9%使用した珍しいティースプーンモルト。ローランドの蒸溜所はハイランドに比べ圧倒的に数が少なく、貴重なローランドモルトのシングルカスクを、リーズナブルなお値段で楽しむことができる、モルトファンなら見逃せない1本ではないでしょうか?ぜひこの機会にお楽しみください



1shot ¥1300
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

洋酒舗 勘十里

ブログ内記事検索

  • 2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧