BAR THINK 浜松店

静岡県浜松市にあるBAR THINKです。 ウイスキー文化研究所浜松支部の拠点にもなっています。 お店のイベント、商品紹介を中心に情報を発信していきます。

2017.07.01【日記】

シップスミス


 
SIPSMITH
V.J.O.P. BLACK

57.7%

ウエストロンドン・ハマースミスのウイスキー評論家の故マイケル・ジャクソンのオフィス跡地に2009年に創業したクラフト蒸溜所。シップスミスの一番の特徴は銅製の超小型の蒸溜器を使用し、200本ほどのスモールバッチでスピリッツを生産している点で、ロンドンで銅製の蒸溜器が稼動したのは1820年以来です。

ポットスティルとコラムスティルを組み合わせたユニークな蒸溜器で良質な部分のみをミドルカットしており、ワンバッチ(1回の蒸溜)で得られる量はわずか300本ほど。さらにボタニカルの使い回しをしない「ワンショット蒸溜」という方法を用いており、こだわり抜いたその質は世界中で幅広く支持されています。

テイスティングコメント

シップスミス VJOPジン “ブラック”は、シップスミス ロンドンドライジン(41.6%)を改良したVJOP(Very Juniper Over Proof)の英国市場向けエディション。ジュニパーベリーをスタンダード品の約2倍投入し、よりビッグでよりドライなフレーバー、そしてアルコール度数は日本市場向けの52%より更に高い57.7%となっています。
ジュニパーベリー、シトラスのフレッシュな香りに、様々なスパイスが複雑さと重厚感を与えています。57.7%ながらアルコールではなく、スパイスの刺激がピリッと効いています。信じられないほどクリアでドライな切れ上がりで、心地よい芳香のみが残ります。
ライムコーディアルと1対1でシェイクすれば、ジンの風味が際立った最高のクラシックギムレットが完成します。また、ホワイトレディにもおすすめです。是非、衝撃の美味しさを味わってください。

【10種のこだわりのボタニカル】
ジュニパーベリー、コリアンダー、アンジェリカ、リコリス、オリス、アーモンド、桂皮、シナモン、オレンジピール、レモンピール
  • この記事についているタグ
  • ジン
この記事を評価するGood

2017.07.01【日記】

セイクレッド ジン


 
SACRED

43.8%

セイクレッド スピリッツ社は2009年、ノースロンドンのHighgateにIan Hartが創業しました。蒸溜を行っている場所は、工場ではなく彼の“自宅”で、ロンドンに4つしかない蒸溜所のひとつです。社名のセイクレッドは、ボタニカルのひとつである乳香(Boswellia Sacra)に由来し、乳香はイエスへの贈り物として新約聖書に登場する香木です。

セイクレッドの特徴はその製法。まず、蒸溜前に12種のボタニカルを、小麦原料のスピリッツに4~6週間(通常は一晩程度)浸漬します。それぞれのボタニカルがしっかり染みだしたスピリッツを、ボタニカル同士の負の作用をなくすため、別々に蒸溜します。蒸溜器となるガラス容器内を減圧し、低い温度(35~45℃)で蒸溜することで、それぞれのボタニカルのフレッシュなフレーバーを引き出します。これぞまさしく崇高(セイクレッド)な域に達したジンです。

テイスティングコメント

セイクレッド ジン は12種のスピリッツを慎重にブレンドし、少量生産ならではのクリアでクリーミーな口当たりとボタニカルのフレッシュなフレーバーのジンです。アルコール度数も40度から43.8度と
3.8度アップし、奥行きがさらに高まっております。
  • この記事についているタグ
  • ジン
この記事を評価するGood

2017.07.01【日記】

ニッカ カフェ ジン


 
NIKKA FOFFEY GIN

47%

『ニッカ カフェジン』は、大麦麦芽(モルト)やとうもろこしなどの原料を「カフェスチル」で蒸溜した「カフェ蒸溜液」をベースに、山椒、ゆずなどの和柑橘、ジュニパーベリー等を「カフェ蒸溜液」に別に浸漬、それぞれの香味成分を十分に抽出した後、再蒸溜したスピリッツを複数ブレンドしたプレミアムジンです。和柑橘の爽やかな香りと山椒のスパイシーな香りが調和し、コクを感じさせる甘い口当たりと、ボタニカル由来の香りが重なり合う複雑な味わいが特長です。
  • この記事についているタグ
  • ジン
この記事を評価するGood

2017.07.01【日記】

バスタブ ジン


 
BATHTUB GIN

43.3%

マスター オブ モルト社は、英国ロンドンから南東へ下ったタンブリッジウェルスにて1985年創業。ハードリカーをメインに幅広いラインナップのショップです。また、「アイコン オブ ウイスキー」において「ワールド・ベスト・オンライン・ウイスキー・リテーラー」を連続で受賞するなど今注目のショップです。今回は、世界中の愛好家からの支持を受けているマスター・オブ・モルト社が手掛けるオリジナルブランド「Professor Cornelius Ampleforth」シリーズから、2014年に「ワールド・ジン・アワード」でコンパウンド・ジン部門世界一に輝き、今年の「インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション(IWSC)2015」ジン・コンテンポラリースタイル部門にて最高金賞を受賞した「バスタブ・ジン」をご紹介致します。

テイスティングコメント

バスタブ・ジンは、グレーンスピリッツにボタニカルを浸漬してつくられる少量生産の珍しいジンです。香りはジュニパーをメインにカルダモン、オレンジ、そしてシナモンの心地よい香りがひろがります。口に含むとポットスティルでつくられた良質のグレーンスピリッツのクリーミーな味わいにジュニパーがうまく溶け込み、フルーティーなオレンジピール、シナモンへと変化していきます。 是非、このバスタブ・ジンの豊かな味わいを活かせるロックやマティーニでお楽しみください。

バスタブ・ジン:
19世紀の密造時代に流通した。ボタニカルを加えて再蒸留することなく、ボタニカルを浸漬させてつくるコンパウンド・ジンの一種で、元々、浴槽が使われたことに由来します。蒸溜をしていないため、ボタニカルのフレッシュなフレーバーがあり、オイリーでクリーミーな味わいが特徴です。
  • この記事についているタグ
  • ジン
この記事を評価するGood

2016.12.25【日記】

季の美


 
季の美 KI NO BI

Kyoto Dry Gin
THE KYOTO DISTILLERY
  • この記事についているタグ
  • ジン
この記事を評価するGood

プロフィール

BAR THINK

ブログ内記事検索

  • 2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧