BAR THINK 浜松店

静岡県浜松市にあるBAR THINKです。 ウイスキー文化研究所浜松支部の拠点にもなっています。 お店のイベント、商品紹介を中心に情報を発信していきます。

2017.02.12【日記】

トロワリヴィエール


 
Trois Rivières
Single Cask "OMAN"

1999-
44.8%

トロワ・リビエールの自社畑は、大きく分けて4つの区画に分けることができます。この区画はそれぞれに「セロン」、「ピメンタード」、「オーマン」、「シブラン」という名前がついており、テロワールもそれぞれに違うため、収穫できるサトウキビも異なった味わいのものです。 このシリーズは、個性豊かな自社畑を誇るトロワ・リビエールと、よりフレンチ・クレオール・ラムのテロワールをご紹介していきたいJISが厳選した、シングルカスクの商品です。 それぞれの味わいには、ラベルにつけられている畑のサトウキビに最も近い樽が選ばれています。 オーマン:内陸に位置し、果樹園に囲まれているため、収穫されたサトウキビもフルーティな味わいに。甘みの強い、まさにトロピカルフルーツのニュウアンスが特徴。
  • この記事についているタグ
  • ラム
この記事を評価するGood

2016.01.09【日記】

トロワリヴィエール


 

トロワリヴィエール シングルカスク

2001-2013
48%
Cask Type : Missouri
Cask No : L28
one of 270

カリブ海に浮かぶマルティニーク島はフランスの海外県にあたります。その島の南部、海岸沿いを走る道沿いにトロワ・リビエール蒸留所は建っています。トロワ・リビエール(Trois Rivieres)とはフランス語で「3本の川」を意味し、120ヘクタールの広さを誇る自社農園の中を流れる3本の川に由来しています。通常のラムと異なり、フランスのAOCで規定されたアグリコール製法(サトウキビから絞られた糖液を発酵して蒸留する製法)で作られるそのラムは、比類なき柔らかな芳香と味わいを持ち、マルティニーク島で最も人気の高いブランドの一つです。また、高い品質の熟成ラムは全世界的に有名であり、コニャックを思わせる繊細な香りとフルボディでスパイシーな味わいが、全てのラムファンを魅了し続けています。 
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ラム
この記事を評価するGood

2015.12.08【日記】

ラム J.M


 
ラム J.M ヴュー ミレジム 1996

49.6%

J.Mは1845年よりマルティニーク島でラムを生産していますが、その蒸留所はジーン・マリー・マーティン(蒸留所名の由来は、その頭文字「J.M」から)によって創建され、同島の北部に位置しています。もちろん、他の蒸留所と同様にアグリコール製法で生産され、AOCの厳しい生産管理規定に則って生産されています。
J.M蒸留所で特筆すべき部分は、マルティニーク島で唯一、原料のさとうきびを全て自社畑でまかなっている事です。アグリコール製法においては「いかにフレッシュなサトウキビジュースを用いるか」が非常に重要ですが、J.Mの場合は自社畑が蒸留所の周辺にあるため、収穫後1時間以内に破砕が完了します。また、蒸留は全て70%までに限定。フレーバーを可能な限り残すため、ノンアルコールの部分を最低でも30%は残すようにしています。
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ラム
この記事を評価するGood

2014.11.17【お酒のレビュー】

ラムJ.M


ラムJ.M

1996-
49.6%

1600円


J.Mは1845年よりマルティニーク島でラムを生産していますが、その蒸留所はジーン・マリー・マーティン(蒸留所名の由来は、その頭文字「J.M」から)によって創建され、同島の北部に位置しています。もちろん、他の蒸留所と同様にアグリコール製法で生産され、AOCの厳しい生産管理規定に則って生産されています。
J.M蒸留所で特筆すべき部分は、マルティニーク島で唯一、原料のさとうきびを全て自社畑でまかなっている事です。アグリコール製法においては「いかにフレッシュなサトウキビジュースを用いるか」が非常に重要ですが、J.Mの場合は自社畑が蒸留所の周辺にあるため、収穫後1時間以内に破砕が完了します。また、蒸留は全て70%までに限定。フレーバーを可能な限り残すため、ノンアルコールの部分を最低でも30%は残すようにしています。
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ラム
この記事を評価するGood

2014.11.13【お酒のレビュー】

トロワ リヴィエール

 

トロワ リヴィエール

ブラン
50%

900円
 

お勧めの飲み方は、ティ ポンシュ。
クレオールラムに砂糖とライムを加えたシンプルな飲み方。
クレオール語でティ[tie=petit(仏)]= 小さい - ポンシュ[ponche]= パンチ。
パンチは1630年頃、インドで生まれたとされるミクスト・ドリンク。
アラックに砂糖、ライム、スパイス、水の5つの材料からなるため、ヒンドゥスターニー語で"5つ"を表すパンジ[panji]と呼ばれ、英語に転訛しパンチ[punch]となった。

【トロワ リヴィエール】
カリブ海に浮かぶマルティニーク島はフランスの海外県にあたります。その島の南部、海岸沿いを走る道沿いにトロワ・リビエール蒸留所は建っています。トロワ・リビエール(Trois Rivieres)とはフランス語で「3本の川」を意味し、120ヘクタールの広さを誇る自社農園の中を流れる3本の川に由来しています。通常のラムと異なり、フランスのAOCで規定されたアグリコール製法(サトウキビから絞られた糖液を発酵して蒸留する製法)で作られるそのラムは、比類なき柔らかな芳香と味わいを持ち、マルティニーク島で最も人気の高いブランドの一つです。また、高い品質の熟成ラムは全世界的に有名であり、コニャックを思わせる繊細な香りとフルボディでスパイシーな味わいが、全てのラムファンを魅了し続けています。

COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ラム
この記事を評価するGood

2014.09.17【お酒のレビュー】

トロワ リヴィエール


トロワ リヴィエール

1998-2008
Cask No.124(ミズーリ カスク)
44.8%

1500円

カリブ海に浮かぶマルティニーク島はフランスの海外県にあたります。その島の南部、海岸沿いを走る道沿いにトロワ・リビエール蒸留所は建っています。トロワ・リビエール(Trois Rivieres)とはフランス語で「3本の川」を意味し、120ヘクタールの広さを誇る自社農園の中を流れる3本の川に由来しています。通常のラムと異なり、フランスのAOCで規定されたアグリコール製法(サトウキビから絞られた糖液を発酵して蒸留する製法)で作られるそのラムは、比類なき柔らかな芳香と味わいを持ち、マルティニーク島で最も人気の高いブランドの一つです。また、高い品質の熟成ラムは全世界的に有名であり、コニャックを思わせる繊細な香りとフルボディでスパイシーな味わいが、全てのラムファンを魅了し続けています。
COMMENT(0)
  • この記事についているタグ
  • ラム
この記事を評価するGood

プロフィール

BAR THINK

ブログ内記事検索

  • 2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧