BAR THINK 浜松店

静岡県浜松市にあるBAR THINKです。 ウイスキー文化研究所浜松支部の拠点にもなっています。 お店のイベント、商品紹介を中心に情報を発信していきます。

2019.04.17【日記】

ノンアルコールジン


 
Non-Alcoholic Gin NEMA 0.00%

無農薬で栽培された2種類の薔薇(オーバーナイトセンセーション、ゴルムハマディ)とジュニパーベリー、ラベンダー、スパイス、八ヶ岳山麓の源流の湧き水を原料に造られた日本初のノンアルコールジン。アルコール成分を全く含まず、無添加、保存料ゼロで造っています。
 
  • この記事についているタグ
  • その他
この記事を評価するGood

2019.04.17【日記】

アーマー


 
ARMOR

21y.o
43%
この記事を評価するGood

2019.04.17【日記】

ラフロイグ


 
LAPHROAIG

18y.o
48%
この記事を評価するGood

2019.04.17【日記】

ボウモア


 
BOWMORE TEMPEST

10y.o
54.9%
SMALL BATCH RELEASE ⅤⅠ

ファーストフィルのバーボン樽で10年以上熟成した原酒を100%使用することを基本コンセプトにしたカスクストレングスです。商品名の「テンペスト」とは、嵐、暴風雨を意味する言葉で、アイラ島の特長的な気候風土を表現すると同時に、この商品の力強い味わいを象徴しています。

スコットランド・アイラ島のシングルモルト特有の海風のような爽やかな香りとピート香がありながらも、バランスのとれた飲みやすい味わいが特長です。深みのある美しい金色の液色で、レモンやグレープフルーツを思わせる柑橘系の爽やかな香りの中に樽やピート由来のバニラやココナッツの香味が感じられ、スモーキーな余韻が広がります。
この記事を評価するGood

2019.04.17【日記】

グレンロッシー


 
GLENLOSSIE

1997-2017
20y.o
46%
Cask No.1135+1136
Hogsheads

SIGNATORY VINTAGE
The Un-Chillfiltered Collection
この記事を評価するGood

2019.04.17【日記】

トロワリヴィエール


 
Trois Riviéres
TRIPLE MILLESIME 1998-2000-2007

42%

トリプルミレジムは1998・2000・2007年の3つの原酒をブレンドしたもので、それぞれのビンテージはマルティニークのテロワールをよく表現した、トロワが誇るプランテーションから作られたものです。
滑らかで繊細な香り。空気にふれるとスパイシーなアクセントが立ち上がり、スモモ、ドライフラワーと完璧な調和を見せる。 生き生きしながらコクがあり、バランスが取れた味わい。次第に白胡椒、ナツメグといったスパイスが砂糖漬けのフルーツのような味わいとともに現れる。 長くとてもフレッシュなフィニッシュがほのかなヘーゼルナッツと心地よいフローラル香、アニスのアクセントとともに続く。
  • この記事についているタグ
  • ラム
この記事を評価するGood

2019.04.03【日記】

ベンリアック


 
BENRIACH

12y.o
46%

『ベンリアック 12年 シェリーウッド』は、シェリー樽で熟成させた原酒に、オロロソやペドロヒメネスの樽でフィニッシュさせた原酒をヴァッティングし、芳醇な甘みとフルーティーな味わいをお楽しみいただけます。
ベンリアック蒸溜所は、スペイサイド地域の中心に位置する、1898年に創業された蒸溜所です。ノンピートタイプとヘビーピートタイプの2つのタイプのシングルモルトウイスキーを製造するユニークな蒸溜所として知られています。
 
この記事を評価するGood

2019.04.03【日記】

ウッドフォードリザーブ


 
WOODFORD RESERVE RYE

45.2%
Batch 0059

『ウッドフォードリザーブ ライ』は、ブラウン・フォーマン社が製造するスモールバッチ(少量生産)のライウイスキーです。
ライウイスキーは、原材料にライ麦を50%以上使用し、「オールドファッションド」や「マンハッタン」などのクラシックカクテルのベースとして世界的に親しまれるアメリカンウイスキーの一つです。本商品はライ麦の使用比率を53%と一般的なライウイスキーよりも低めに設定することで、甘さとスパイシーさをバランスよく仕上げました。
ウッドフォードリザーブ蒸溜所は、1812年創業で、ケンタッキー州最古の蒸溜所と言われています。イトスギの木桶による発酵や、ポットスチルでの3回蒸溜といった伝統的製法から生み出されるまろやかな味わいが特長です。
 
この記事を評価するGood

2019.03.31【日記】

定休日のご案内

4月23日(火)
【定休日】

 
5月20日(月)
【定休日】

5月26日(日)
【22時までの営業】
 
 
この記事を評価するGood8

2019.03.30【日記】

オルトモア テイスティング セミナー


 
日 時 2019年5月26日(日) 14:00~15:30(受付13:30~)

会 場 BAR THINK

定 員 17名(完全予約制)

参加費 7500円

内 容 10分程度の商品説明の後、下記のボトルを各20mlテイスティング。
    難しいお話は一切ありません。
    テイスティング中心で初心者でも気軽に参加していただける会です。
    ビンゴゲーム有り。

・AULTMORE 12y.o 46% Distillery Bottling

・AULTMORE 18y.o 46% Batch No.481 Distillery Bottling

・AULTMORE 25y.o 46% Batch No.0041 Distillery Bottling

・AULTMORE 1997-2018 20y.o 51.8% CADENHEAD

・AULTMORE 1997-2018 21y.o 50.7% MALTBARN
 
この記事を評価するGood

2019.03.29【日記】

王林と桜のシャルロッカ





 
今年も始まりました。
青森県産青りんご”王林”と桜シャルロッカです!(^^)

シャルロッカは、ポーランド産のウォッカ”ズブロッカ”をアップルジュースで割ったカクテルで、ポーランドではとても人気の高いカクテルです。

ズブロッカは、バイソングラスと呼ばれるイネ科の植物をウォッカに付け込んで作られる、フレーバード ウォッカで、バイソングラスに含まれるクマリンという芳香成分が桜餅のような香りを放ちます。(桜にもクマリンが含まれる)

さて、一年中流通するリンゴ。シーズンはいつでしょう?
そう、もちろん秋です。
では、どうして一年中リンゴが流通しているかというと、その秘密は貯蔵法にあります。CA貯蔵法と呼ばれる貯蔵法で、低温、低酸素、高二酸化炭素雰囲気に置くことにより長期間休眠状態を保つことができます。これによりほぼ一年中新鮮なリンゴが流通するのです。

今回使用する王林は晩成種で、冷涼な青森での収穫期は11月上旬と遅く、さらにCA貯蔵法で保存することにより、他のリンゴの流通が少ない春先に、市場での優位性が高まり出荷のピークを迎えます。

この王林をコールド プレス ジューサーで絞り、桜を浮かべたシャルロッカに仕上げました。
桜の花舞う季節に、ぜひどうぞ!(^^)
この記事を評価するGood

2019.03.24【日記】

カリラ


 
CAOL ILA

2003-2018
15y.o
56.7%
FIRST FILL BOURBON BARREL
GORDON & MACPHAIL
CONNOISSEURS CHOICE
この記事を評価するGood

2019.03.13【日記】

中日新聞に掲載していただきました!


 
また取材していただきました!(^^)
本日3/13の中日新聞朝刊をご覧ください。

https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/shizu_area/shizu_serial/list/2019/CK2019031302000245.html
  • この記事についているタグ
  • その他
この記事を評価するGood

2019.03.11【日記】

厚岸


 
AKKESHI NEW BORN FOUNDATIONS 3

55%
HOKKAIDO - MIZUNARA CASK

『厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 3』は希少なミズナラ樽で8~23ヶ月熟成したノンピー テッドモルト原酒をバッティング。
厚岸蒸留所の初となる地元北海道産のミズナラ材の みを使用した樽で熟成させた商品です。
アルコール度数は55度。黒糖、バニラ、フレッ シュメロン様の甘い香りにナツメグ様のスパイシーな香りも感じられます。

【香り】 黒糖、バニラ、フレッシュメロン様の甘い香りに、ナツメグ様のスパイシーな香りが加わる

【味わい】 ビターチョコレート、シュガーシロップにみかん様のテイストが重なる

【余韻】 ホワイトペッパーペッパー、ビターチョコレート様の甘さ、僅かに香木調の香り
この記事を評価するGood1

2019.03.11【日記】

グレンモーレンジ


 
GLENMORANGIE ALLTA

51.2%

完璧すぎるウイスキーと評されるグレンモーレンジィは、そのこだわりやフルーティーで華やかな味わいがウイスキービギナーからエキスパートまで多くのファンを魅了しています。

20年以上前・・・
ウイスキー評論の権威であるマイケル・ジャクソン氏とグレンモーレンジィの最高蒸留製造責任者のビル・ラムズデン博士は酵母について熱いディスカッションをします。その会話にインスパイアされたビル博士は、酵母の役割に注目したウイスキー造りに着手します。

2019年、ついに完成したそのウイスキーは、記念すべきグレンモーレンジィのプライベートエディション第10弾として誕生しました。「グレンモーレンジィ アルタ」と称されるそのウイスキーは、グレンモーレンジィ社が所有する大麦畑から発見された新種の野生酵母を発酵の工程で使用。発見されたその野生酵母(Saccharomyces diaemath)は、この上なくグレンモーレンジィのウイスキー造りに適しており、雑味の出やすい野生酵母の特徴を難なくクリアし、芸術的な逸品へと仕上げています。「アルタ」はゲール語で「ワイルド(野生)」を意味し、グレンモーレンジィらしい、スコットランドの豊かな自然を感じさせ、めくるめく華やかな香りの変化や余韻を存分に楽しめる繊細な味わいです。

グレンモーレンジィらしい上質な個性が光る、野生酵母のシングルモルト ウイスキー「アルタ」をぜひお楽しみください。

色: 淡黄色 (Pale Straw)

香り: 円みのある、ビスケットやイースト。カーネーションやスミレのような柔らかな花の香りや、
香ばしく焼いたパン、微かにバニラやレーズン、甘いミカンの香り。

味: 柑橘をかじったような爽やかな味わいが口に広がる。バターキャンディーやクリーミーなバニラ、
オレンジシロップなどの甘み、イースト由来の香ばしい味わいが、微かなミントと共に感じられる。
この記事を評価するGood1

2019.03.11【日記】

ル・ジン


 
Le Gin de Christian Drouin

42%

自社果樹園で栽培されている 30 種類ものりんごをベースとし、8 つのアロマ(ジュニパーベリー、ジンジャー、バニラ、レモン、カルダモン、シナモン、アーモンド、ローズ)をそれぞれ別々に漬け込んで個々に蒸留した後にブレンドして作られています。スモールバッチでしか作れないこだわりの逸品です。

【テイスティングコメント】
ジュニパーベリーやシトラスのすっきりとした華やかなアロマが広がり、ほのかに甘みを感じるエレガントな味わいです。

「ル・ジン」を開発したのはカルヴァドス・クリスチャン・ドルーアン社 3代目社長のギヨーム・ドルーアン氏。
彼は、ワイン醸造に関する知識と長年のカルヴァドス造りの経験を生かして、スピリッツの新しい可能性を探求しました。そして“アロマのバランス”を追求し続け、遂に自社のカルヴァドス造りに使用するりんごをベースにした全く新しいスタイルのジンを完成させました。


■カルヴァドス・クリスチャン・ドルーアン社

「クール・ド・リヨン」を製造するカルヴァドス・クリスチャン・ドルーアン社の歴史は、オーナー社長の祖父が 1960 年にフィエフ・サンタンヌの土地を取得したことに遡ります。
ノルマンディー地方中心部のりんごの優良産地ペイ・ドージュ地区の中でも、北部の最優良地フィエフ・サンタンヌに自社りんご園を所有し、原料のりんご造りから蒸留、熟成、ブレンディングまで全て自社で行い、最高級品質のカルヴァドスを代々造りつづけています。
  • この記事についているタグ
  • ジン
この記事を評価するGood

2019.02.26【日記】

駒ヶ岳


 
ザ・ダブルカスク駒ケ岳 2019

2014-2019
60%
Cask No.1767 & 1877

株式会社ePowerとBar BARNSが選んだ樽をヴァッティングしたザ・ダブルカスク駒ヶ岳は2つの個性あるウイスキーの良さを調和し、より高め合う1本となったシングルモルトウイスキーです。

色: 黄褐色

香り: オーク、バニラ、キャラメル、ミネラル、背後にかすかにオレンジピール

味: バニラを伴ったキャラメルの甘さ、オークのドライ感そしてタンニンのうまみへと続く 後から洋ナシの香りがくる

フィニッシュ: 洋ナシの香りを伴った旨味とほのかな甘みが続く

まずとても心地良い香りが立つ フルーティさとドライなオーク感のバランスが良い 力強くリッチ
 
この記事を評価するGood1

2019.02.12【日記】

スプリングバンク


 
SPRINGBANK

10y.o
43%

ウイスキー特級・従価税表示
この記事を評価するGood

2019.02.12【日記】

ブラドノック


 
BLADNOCH

10y.o
46.7%
Bourbon Cask
Limited Release
この記事を評価するGood

2019.02.12【日記】

グレンタレット


 
GLENTURRET

10y.o
40%
この記事を評価するGood

プロフィール

BAR THINK

ブログ内記事検索

  • 2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新エントリー

  • 2019.04.17

ノンアルコールジン

  • 2019.04.17

アーマー

  • 2019.04.17

ラフロイグ

  • 2019.04.17

ボウモア

  • 2019.04.17

グレンロッシー

カテゴリから探す

タグ一覧