BAR THINK 浜松店

静岡県浜松市にあるBAR THINKです。 ウイスキー文化研究所浜松支部の拠点にもなっています。 お店のイベント、商品紹介を中心に情報を発信していきます。

2019.06.12【日記】

グレンマレイ


 
GLEN MORAY

1973-
43%
この記事を評価するGood1

2019.06.08【日記】

笛吹産白桃のカクテル








 
今年も桃のカクテルが始まりました!(^^)

桃は山梨県産の『日川白鳳』と『白鳳』を、それぞれ温室、路地と繋ぎながら、その時一番良いもの使用します。
素材本来の香りを楽しんでいただけるように、フレーバード・シロップやリキュールは使用していません。

・桃とラムのフローズンカクテル
良質な桃の味わいを生かし、シンプルで濃厚な味わいに。

・ベリーニ
1948年、ヴェネツィアのハリーズ・バーで生まれたカクテル。桃とプロセッコの甘く華やかな香りの共演。
この記事を評価するGood2

2019.05.31【日記】

アードベッグ(6/1解禁)


 
ARDBEG DRUM(6/1解禁)

46%


色:濃い黄金色

香り:スモークしたリンゴやパイナップル、熟したバナナのアロマが次から次へと押し寄せる。アードベッグらしい松脂、木を燃やした煙のニュアンスを微かに感じる。ココアパウダーやシナモン、生姜で煮込んだデーツ、最後にラベンダーの華やかな香りが浮き上がってくる。

味わい:胡椒のようなスパイシーさと、力強いスモーキーさがアードベッグらしいオイル、タール、クレオソートや、ダークチョコレートとともに口いっぱいに広がる。次第に、クローブやリコリス、スモークしたバニラと生姜が混ざり合う魅惑的な味わいへと変化していく。

フィニッシュ:強烈にスモーキー。芳ばしいコーヒーリキュールや甘美なスパイスが重なり合う、深みのある複雑な余韻が長く続く。

毎年5月~6月にかけて行われる、世界中のアードベッグファンと祝うお祭り“アードベッグ・デ―”。その機会に発売される限定商品は、その年の“アードベッグ・デー”のテーマを表現した個性あふれるもの。2019年の“アードベッグ・デー”は彩り豊かで陽気なカリブの「カーニバル」がテーマです。登場する限定商品はカーニバルの陽気な音色を表現した『アードベッグ ドラム』。バーボン樽で十分熟成したあとに、カーニバルの聖地カリブでは欠かすことのできないラムの樽で追加熟成を施しました。パイナップルやリンゴ、レーズン、完熟したバナナなどのフルーツの魅惑的なアロマが、早打ちドラムの音色のように次から次へと押し寄せ、複雑な味わいがまるで舌の上をパレードするかのよう。
 
この記事を評価するGood1

2019.05.31【日記】

ザ・ニッカ


 
THE NIKKA Tailored

43%

熟成を重ねたバラエティ豊かな原酒を厳選してブレンドした、プレミアムブレンデッドウイスキー。豊かなモルト香と華やかな香り。甘い樽熟成香。ふくらみのあるモルトのコクと、カフェグレーンのやわらかな甘さが調和した、スムースで伸びのある味わい。香ばしく豊かな余韻が、ほのかなビター感をともない、心地よく続きます。

香り:フルーティーで華やかな香り。クッキーやビスケットを思わせる豊かなモルト香。
バニラやキャラメルのような甘い樽熟成香。

味わい:スイートでしっかりとしたモルトのコクと、
カフェグレーンのやわらかな甘さが調和した伸びのある味わい。

余韻:カカオやドライフルーツ、メイプルシロップをかけたホットケーキのような甘く豊かな芳香が、
ほのかなビターやスパイスを伴い、心地よく続く。
 
この記事を評価するGood1

2019.05.28【日記】

モートラック テイスティング セミナー


 
日 時  2019年7月21日(日) 14:00~15:30(受付13:30~)

会 場  BAR THINK
     
定 員  17名(完全予約制)

会 費  7500円

内 容  10分程度の商品説明の後、下記のボトルを各20mlテイスティング。
     難しいお話は一切ありません。
     テイスティング中心で初心者でも気軽に参加していただける会です。
     ビンゴゲーム有り。

・MORTLACH 12y.o 43.4% Distillery Bottling

・MORTLACH 16y.o 43.4% Distillery Bottling

・MORTLACH 20y.o 43.4% Distillery Bottling

・MORTLACH 15y.o 43% Gordon & Macphail Distillery Labels

・MORTLACH 1996-2017 20y.o 54.2% Alambic Classique Collection
この記事を評価するGood

2019.05.28【日記】

定休日のご案内

6月24日(月)
【定休日】

7月21日(日)
【22時までの営業】

7月29日(月)
【定休日】

7月30日【火】
【定休日】
 
この記事を評価するGood8

2019.05.15【日記】

オクトモア


 
OCTOMORE Edition : 09.1 Scottish Barley

・全期間ファーストフィル・アメリカンオーク樽で熟成
(ジムビーム51%、ジャックダニエル26%、クレアモント15%、オールド・グランダッド8%)
・2011年に収穫した麦を2012年に蒸留
・スコットランド産コンチェルト種大麦100%
・5年熟成
・フェノール値 156 PPM
・アルコール度数 59.1%.
・世界限定42,000本

■テイスティングコメント

<特徴> 
洗練され、なめらかで心地よい若々しさ。年数以上の熟成感。

<色>
明るい金色。

<香り>
スモーキーさとオーク、樽由来の刺激的な甘さ。ヴァニラとカルメラ。煙は厚く、ヴェルヴェットのようになめらかで、焚火を思わせる。ピーティーで土っぽい。

<味わい>
舌の上に優しく広がる。攻撃的ではなく、ナッツやファッジ、ヌガー、繊細なココナッツ、バラの花びらのフローラルさ。

<フィニッシュ>
長いピートのフィニッシュ、かすかに糖蜜、灼けた砂浜や潮気。
この記事を評価するGood1

2019.05.12【日記】

ハイランドパーク


 
HIGHLAND PARK

25y.o
45.7%
この記事を評価するGood

2019.04.29【日記】

ソルクバーノ


























 
お待たせいたしました。
今年も丸浜グレープフルーツのソル・クバーノをご提供いたします!(^^)

まず、丸浜グレープフルーツについて。
丸浜柑橘農業協同組合は浜松市北区にある生産者組合で、片山みかんをはじめとする柑橘類やブルーベリーなどを生産しています。
丸浜地区では2006年よりグレープフルーツの栽培を始め今年で13年目。この春で10年目の収穫期を迎えました。
生産者さんは5軒。初年度100kg程度だった収穫量も今年は25tを越え、組合としての生産では全国に先駆けてブランド化を進めています。
平成24年には『しずおか食セレクション』にも認定されています。
栽培品種は真っ赤な果肉のスタールビー。
食味は、グッと凝縮され張りのある食感で、糖度は約10.5度、酸度約1.5度と糖酸比はやや低めで、爽やかな酸味が特徴です。
年々、栄養成長から生殖成長にバランスが向いており、去年より味に深みが出てきたようです。

ソル・クバーノのについて。
神戸三ノ宮にサヴォイというバーがあります。
ソル・クバーノ(キューバの太陽)は、マスターの木村義久さんが1980年に第1回トロピカルカクテルコンテストで1位を受賞したラムとグレープフルーツを使ったカクテルです。

1971年にグレープフルーツの輸入が自由化され、一般家庭の食卓に少しずつ上るようになりました。当時のグレープフルーツは今ほど糖酸比が高くなかったため、半分に切ってお砂糖をかけてスプーンですくって食べていたと思います。
ソル・クバーノが生まれた1980年という時代を考えれば、今より少し酸味のあるグレープフルーツを使っていたのではないか…。
そんな時代背景を思い浮かべながら、爽やかな味わいの丸浜グレープフルーツで当時の味を再現しました。

本日より5月末頃までの提供となります。

ご希望の方にはカットいたしますので、ぜひそのまま味わってみてください。国産ですからポストハーベストも心配いりません。この張りのある食感は他ではなかなか味わえませんよ!

写真は左がオリジナルのソル・クバーノ
右がソル・クバーノ×丸浜グレープフルーツ
この記事を評価するGood1

2019.04.27【日記】

モヒート



今年もモヒートの季節になりました!(^^)

ミントは自家栽培のイエルバ・ブエナ。
モヒート発祥の地キューバでミントと言えばこれです。

【イエルバ・ブエナ 】
yerba buena《植物》〔北米大陸の海岸沿いに分布するシソ科(Lamiaceae)トウバナ属(Clinopodium)の、よい香りがする常緑多年草。学名Satureja douglasiiまたはClinopodium douglasii。◆【語源】スペイン語でgood herbを意味するhierba buenaから。〕

下の記事で本場キューバのモヒートが紹介されています。
http://www.kirin.co.jp/products/softdrink/kitchen/report/report_cuba.html

ミントが自家栽培の為、収量に応じてお作り出来ない場合があります。ご了承ください。
この記事を評価するGood1

2019.04.27【日記】

スプリングバンク


 
SPRINGBANK
Maroon Flagon

43%
ウイスキー特級
この記事を評価するGood1

2019.04.17【日記】

ノンアルコールジン


 
Non-Alcoholic Gin NEMA 0.00%

無農薬で栽培された2種類の薔薇(オーバーナイトセンセーション、ゴルムハマディ)とジュニパーベリー、ラベンダー、スパイス、八ヶ岳山麓の源流の湧き水を原料に造られた日本初のノンアルコールジン。アルコール成分を全く含まず、無添加、保存料ゼロで造っています。
 
  • この記事についているタグ
  • その他
この記事を評価するGood

2019.04.17【日記】

アーマー


 
ARMOR

21y.o
43%
この記事を評価するGood

2019.04.17【日記】

ラフロイグ


 
LAPHROAIG

18y.o
48%
この記事を評価するGood1

2019.04.17【日記】

ボウモア


 
BOWMORE TEMPEST

10y.o
54.9%
SMALL BATCH RELEASE ⅤⅠ

ファーストフィルのバーボン樽で10年以上熟成した原酒を100%使用することを基本コンセプトにしたカスクストレングスです。商品名の「テンペスト」とは、嵐、暴風雨を意味する言葉で、アイラ島の特長的な気候風土を表現すると同時に、この商品の力強い味わいを象徴しています。

スコットランド・アイラ島のシングルモルト特有の海風のような爽やかな香りとピート香がありながらも、バランスのとれた飲みやすい味わいが特長です。深みのある美しい金色の液色で、レモンやグレープフルーツを思わせる柑橘系の爽やかな香りの中に樽やピート由来のバニラやココナッツの香味が感じられ、スモーキーな余韻が広がります。
この記事を評価するGood

2019.04.17【日記】

グレンロッシー


 
GLENLOSSIE

1997-2017
20y.o
46%
Cask No.1135+1136
Hogsheads

SIGNATORY VINTAGE
The Un-Chillfiltered Collection
この記事を評価するGood

2019.04.17【日記】

トロワリヴィエール


 
Trois Riviéres
TRIPLE MILLESIME 1998-2000-2007

42%

トリプルミレジムは1998・2000・2007年の3つの原酒をブレンドしたもので、それぞれのビンテージはマルティニークのテロワールをよく表現した、トロワが誇るプランテーションから作られたものです。
滑らかで繊細な香り。空気にふれるとスパイシーなアクセントが立ち上がり、スモモ、ドライフラワーと完璧な調和を見せる。 生き生きしながらコクがあり、バランスが取れた味わい。次第に白胡椒、ナツメグといったスパイスが砂糖漬けのフルーツのような味わいとともに現れる。 長くとてもフレッシュなフィニッシュがほのかなヘーゼルナッツと心地よいフローラル香、アニスのアクセントとともに続く。
  • この記事についているタグ
  • ラム
この記事を評価するGood

2019.04.03【日記】

ベンリアック


 
BENRIACH

12y.o
46%

『ベンリアック 12年 シェリーウッド』は、シェリー樽で熟成させた原酒に、オロロソやペドロヒメネスの樽でフィニッシュさせた原酒をヴァッティングし、芳醇な甘みとフルーティーな味わいをお楽しみいただけます。
ベンリアック蒸溜所は、スペイサイド地域の中心に位置する、1898年に創業された蒸溜所です。ノンピートタイプとヘビーピートタイプの2つのタイプのシングルモルトウイスキーを製造するユニークな蒸溜所として知られています。
 
この記事を評価するGood

2019.04.03【日記】

ウッドフォードリザーブ


 
WOODFORD RESERVE RYE

45.2%
Batch 0059

『ウッドフォードリザーブ ライ』は、ブラウン・フォーマン社が製造するスモールバッチ(少量生産)のライウイスキーです。
ライウイスキーは、原材料にライ麦を50%以上使用し、「オールドファッションド」や「マンハッタン」などのクラシックカクテルのベースとして世界的に親しまれるアメリカンウイスキーの一つです。本商品はライ麦の使用比率を53%と一般的なライウイスキーよりも低めに設定することで、甘さとスパイシーさをバランスよく仕上げました。
ウッドフォードリザーブ蒸溜所は、1812年創業で、ケンタッキー州最古の蒸溜所と言われています。イトスギの木桶による発酵や、ポットスチルでの3回蒸溜といった伝統的製法から生み出されるまろやかな味わいが特長です。
 
この記事を評価するGood

2019.03.30【日記】

オルトモア テイスティング セミナー


 
日 時 2019年5月26日(日) 14:00~15:30(受付13:30~)

会 場 BAR THINK

定 員 17名(完全予約制)

参加費 7500円

内 容 10分程度の商品説明の後、下記のボトルを各20mlテイスティング。
    難しいお話は一切ありません。
    テイスティング中心で初心者でも気軽に参加していただける会です。
    ビンゴゲーム有り。

・AULTMORE 12y.o 46% Distillery Bottling

・AULTMORE 18y.o 46% Batch No.481 Distillery Bottling

・AULTMORE 25y.o 46% Batch No.0041 Distillery Bottling

・AULTMORE 1997-2018 20y.o 51.8% CADENHEAD

・AULTMORE 1997-2018 21y.o 50.7% MALTBARN
 
この記事を評価するGood

プロフィール

BAR THINK

ブログ内記事検索

  • 2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧