BAR THINK 浜松店

静岡県浜松市にあるBAR THINKです。 ウイスキー文化研究所浜松支部の拠点にもなっています。 お店のイベント、商品紹介を中心に情報を発信していきます。

2017.10.09【日記】

まるべい農園さんのオリーブ


 
まるべい農園さんの無農薬オリーブが届きました!(^^)
園主さん御夫妻が直々に届けてくださいました。
品種は、ミッションとネバディロ ブランコです。
早速、あく抜きです。
おいしく漬かるといいな。
  • この記事についているタグ
  • その他
この記事を評価するGood

2017.10.03【日記】

まるべい農園さんのオリーブ











 
今日は、まるべい農園さんのオリーブ畑に来ています!(^^)

品種は
ミッション
マンザニロ
ルッカ
ネバディロ
フラントイオ
バーデールなど。

収穫が楽しみ!
  • この記事についているタグ
  • 農園
この記事を評価するGood

2017.10.02【日記】

南水のカクテル







信州松川産『南水』のカクテルが始まりました!(^^)
この記事を評価するGood

2017.10.02【日記】

ベンリネス


 
BENRINNES

1997-2017
19y.o
57.0%
Cask No.818
Cask Type : BARREL
この記事を評価するGood

2017.10.02【日記】

グレントファース


 
GLENTAUCHERS

1996-2017
20y.o
48.9%
Cask No.7307
Cask Type : BARREL
この記事を評価するGood

2017.09.23【日記】

定休日のご案内

 
10月22日(日)
【定休日】
この記事を評価するGood3

2017.09.18【日記】

クライヌリッシュ


 
CLYNELISH
"Pomme Piquante"

1995-2016
46%
WEMYSS MALTS
この記事を評価するGood

2017.09.18【日記】

グレンタレット


 
GLENTURRET

1987-2016
28yo
54.6%
Cask No.373
SIGNATORY VINTAGE
この記事を評価するGood

2017.09.06【日記】

ストラスアイラ テイスティング セミナー


 
日 時 2017年11月19日(日) 14:00~15:30(受付13:30~)

会 場 BAR THINK

定 員 17名(完全予約制)

参加費 8500円

内 容

10分程度の商品説明の後、下記のボトルを各20mlテイスティング。難しいお話は一切ありません。テイスティング中心で初心者でも気軽に参加していただける会です。ビンゴゲーム有り。

・STRATHISLA 12y.o 40% Distillery Bottling

・STRATHISLA 15y.o 70°proof GORDON & MACPHAIL

・STRATHISLA 1985-2014 46% GORDON & MACPHAIL

・STRATHISLA 1967-2007 43% GORDON & MACPHAIL

・STRATHISLA 1991-2013 21y.o 50% DOUGLAS LAING
この記事を評価するGood

2017.08.20【日記】

グレンギリー


 
GLEN GARIOCH

1990-2014
23y.o
56.1%
CASK REF.7939
BERRY BROS. & RUDD
この記事を評価するGood

2017.08.20【日記】

グレンカダム


 
GLENCADAM

1991-2014
22y.o
55.3%
CASK REF.4764
BERRY BROS. & RUDD
この記事を評価するGood

2017.08.20【日記】

キルホーマン


 
KILCHOMAN

2010-2017
55.1%
SINGLE BOURBON BARREL
CASK No.154/2010
この記事を評価するGood

2017.08.15【日記】

都田ピオーネ





 
マルワ農園の波多野さんのハウスに行ってきました!(^^)
立派なピオーネです。
今年も都田ピオーネのカクテルをお楽しみください!
  • この記事についているタグ
  • 農園
この記事を評価するGood1

2017.08.06【日記】

グレンデヴェロン


 
GLEN DEVERON
30y.o
40%
この記事を評価するGood

2017.07.29【日記】

開店29周年


 
おかげさまで、本日7月29日をもちまして、BAR THINKは開店29周年を迎えることになりました。
これもひとえに、皆様のご支援の賜物と、深くお礼申し上げます。
今後も、より一層ご満足頂けますよう、真心を込めて努めてまいります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

尚、来年は開店30周年記念パーティーの開催を予定しています。
詳細が決まりましたら、改めてお知らせいたします。
  • この記事についているタグ
  • その他
この記事を評価するGood1

2017.07.12【日記】

ティーリング


 
TEELING SINGLE MALT for THREE RIVERS

1991-
24y.o
56.3%
Cask No.6872
SHERRY CASK

香りは杏子やフィグのドライフルーツ、オーキー、焦がした砂糖、奥にこもったマンゴーやパッションフルーツ、味はホットでパワフル、ドライフルーツの甘さ、ゆっくりとライトな南国フレーバーが出てきて、奥からのスモーキーフレーバーとハモり、フィニッシュはビターでぼんやりとしたスモークがホットに長く続く。
この記事を評価するGood

2017.07.12【日記】

グレンカダム


 
GLENCADAM

21y.o
46%
この記事を評価するGood

2017.07.05【日記】

浜北マンゴーのカクテル

今年も始まりました。
浜北マンゴーのフローズンカクテル!(^^)
『浜北でマンゴー?』と良く聞かれますが、地元浜松でもおいしいマンゴーを作っているんです!
生産者さんは2軒だけ。
THINKでは大平地区にある、あだち果樹農園さんと親しくさせていただいています。
こちらでは栽培を始めて約19年。
品種はアップルマンゴーとも呼ばれる"アーウィン種"で、優しい酸味と濃厚な味わい、華やかな香りが特徴です。
加温ハウスで、自然落下するまで完熟させ収穫しています。
カクテルは、ラムと合わせたマンゴーダイキリが一番人気!
テキーラベースのマンゴーマルガリータもおすすめです!
8月中旬頃までご用意できる予定です。






収穫直前のマンゴー
ネットをかけ、完熟の実が自然に落ちるまで待ちます。



マンゴーの花(3月上旬)



受粉を終えたマンゴーの花(4月中旬)



小指の先ほどの小さな実(4月中旬)


この記事を評価するGood1

2017.07.01【日記】

シップスミス


 
SIPSMITH
V.J.O.P. BLACK

57.7%

ウエストロンドン・ハマースミスのウイスキー評論家の故マイケル・ジャクソンのオフィス跡地に2009年に創業したクラフト蒸溜所。シップスミスの一番の特徴は銅製の超小型の蒸溜器を使用し、200本ほどのスモールバッチでスピリッツを生産している点で、ロンドンで銅製の蒸溜器が稼動したのは1820年以来です。

ポットスティルとコラムスティルを組み合わせたユニークな蒸溜器で良質な部分のみをミドルカットしており、ワンバッチ(1回の蒸溜)で得られる量はわずか300本ほど。さらにボタニカルの使い回しをしない「ワンショット蒸溜」という方法を用いており、こだわり抜いたその質は世界中で幅広く支持されています。

テイスティングコメント

シップスミス VJOPジン “ブラック”は、シップスミス ロンドンドライジン(41.6%)を改良したVJOP(Very Juniper Over Proof)の英国市場向けエディション。ジュニパーベリーをスタンダード品の約2倍投入し、よりビッグでよりドライなフレーバー、そしてアルコール度数は日本市場向けの52%より更に高い57.7%となっています。
ジュニパーベリー、シトラスのフレッシュな香りに、様々なスパイスが複雑さと重厚感を与えています。57.7%ながらアルコールではなく、スパイスの刺激がピリッと効いています。信じられないほどクリアでドライな切れ上がりで、心地よい芳香のみが残ります。
ライムコーディアルと1対1でシェイクすれば、ジンの風味が際立った最高のクラシックギムレットが完成します。また、ホワイトレディにもおすすめです。是非、衝撃の美味しさを味わってください。

【10種のこだわりのボタニカル】
ジュニパーベリー、コリアンダー、アンジェリカ、リコリス、オリス、アーモンド、桂皮、シナモン、オレンジピール、レモンピール
  • この記事についているタグ
  • ジン
この記事を評価するGood

2017.07.01【日記】

セイクレッド ジン


 
SACRED

43.8%

セイクレッド スピリッツ社は2009年、ノースロンドンのHighgateにIan Hartが創業しました。蒸溜を行っている場所は、工場ではなく彼の“自宅”で、ロンドンに4つしかない蒸溜所のひとつです。社名のセイクレッドは、ボタニカルのひとつである乳香(Boswellia Sacra)に由来し、乳香はイエスへの贈り物として新約聖書に登場する香木です。

セイクレッドの特徴はその製法。まず、蒸溜前に12種のボタニカルを、小麦原料のスピリッツに4~6週間(通常は一晩程度)浸漬します。それぞれのボタニカルがしっかり染みだしたスピリッツを、ボタニカル同士の負の作用をなくすため、別々に蒸溜します。蒸溜器となるガラス容器内を減圧し、低い温度(35~45℃)で蒸溜することで、それぞれのボタニカルのフレッシュなフレーバーを引き出します。これぞまさしく崇高(セイクレッド)な域に達したジンです。

テイスティングコメント

セイクレッド ジン は12種のスピリッツを慎重にブレンドし、少量生産ならではのクリアでクリーミーな口当たりとボタニカルのフレッシュなフレーバーのジンです。アルコール度数も40度から43.8度と
3.8度アップし、奥行きがさらに高まっております。
  • この記事についているタグ
  • ジン
この記事を評価するGood

プロフィール

BAR THINK

ブログ内記事検索

  • 2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧