Bar.come(大阪・十三のモルトバー)

阪急十三の東口を出てまっすぐ東へ商店街を抜けると、見慣れないボトルがぞろぞろ並んでいます。 コールバーンやノースポートやローズバンクといったポピュラーなもの(笑)から、キンクレースやレディーバーンといったレアなものまで取り揃えております。単にモルトを注ぐだけの店です。 つまみは塩豆のみしか用意していませんので、持ち込みは常識の範囲で自由です。 安心してドアを開けてください。

2009.11.21【日記】

アメフト観戦

 お客様の試合を見に行く。

 天気はいいし、そんなに寒くない。

 オリジナルブレンドをピューターに詰めて、ワインを1本持って行こう。

 彼の活躍を期待しつつ、観客席で酒を片手にゆっくり観戦してこよう。
COMMENT(1)
この記事を評価するGood

2008.08.21【日記】

バスケットボール

 相手が必死に邪魔をするのに、何回入れても落ちてくる底抜けの網にボールを入れて楽しむゲームである。
 細かいルールはほとんど知らない。知っているルールは、1チーム5人で戦う・ボールは手で扱う・ボールを持って歩いてはいけない、の3つだけである。

 アメリカのプロバスケットの試合を見ていると、ルールなど知らなくても、あっという間に時間が過ぎて行く。ダンクシュートの豪快さも見所なのだが、ボールを持っていない選手の動きを見ているのが面白い。パスをもらいに行っているのか、ディフェンスを惑わすために動いているのかは分からないが、そこにディフェンスが食いついたら得点につながていると思う。
 アメリカで人気のあるスポーツの一つであることも十分理解できる。あまりスポーツ観戦に興味を持っていないのだが、これはチャンスがあればライブで見たい。

 オフィスでもバスケットボールの練習をしている姿を見かける。
 いらなくなったメモや書き損じの紙を丸めて、ゴミ箱めがけてシュート。これがめったに入らないので、結局は立って行ってゴミ箱に捨て直す。
 中にはゴミ箱の前で拾った紙ボールを自分の席まで持ち帰って、もう一度トライするバカ者までいる。最後はゴミ箱の前でダンクシュートして、むすっとした顔をして席に戻って行くのが落ちだ。
 この姿は男性には見られるが、あまり女性がやっているのを見たことがない。

 底なしのストマックにウイスキーを流し込む毎日。
 運動のため、家で紙ボールのシュート練習でもするか(笑)。
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

comemas

ブログ内記事検索

  • 2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧