Bar.come(大阪・十三のモルトバー)

阪急十三の東口を出てまっすぐ東へ商店街を抜けると、見慣れないボトルがぞろぞろ並んでいます。 コールバーンやノースポートやローズバンクといったポピュラーなもの(笑)から、キンクレースやレディーバーンといったレアなものまで取り揃えております。単にモルトを注ぐだけの店です。 つまみは塩豆のみしか用意していませんので、持ち込みは常識の範囲で自由です。 安心してドアを開けてください。

2007.06.28【日記】

グラス到着

 モルトを楽しむ会で、大量のグラスが必要になる。
 今月、思い切って酒を買わずにグラスを買った。
 SMWSの試飲会で使用されるグラスと全く同じものである。

 確か?どっかのバーも使っていたかも?

 日頃はグレンクレイングラスを使っているのだが、なにせ数が必要なので、安価な物を選ばざるおえなかった。
 最近はモルトグラス以外を使用することが少なく、割れていくのもモルトグラスが多い。

 グラスを飲むわけではないが、バーの小道具の一つとして大切な要素であることも否めない。
 モルトバーをやめて、カクテルバーになるはずもなし・・・

 買いたい酒も山盛りあるし、「重大発表(その2)」も待っている。
 もちろんその3・4・5・・・と続ける予定ではあるが???
 
COMMENT(3)
  • この記事についているタグ
  • グラス
この記事を評価するGood

2006.08.18【日記】

こだわりのグラス

 グラスは、酒を飲むための道具でしかなく、バカラであろうと100円均一であろうと、基本的には同じである。口当たりや手に馴染む感じが、これはいいとか、こっちは安っぽいとか思ってしまうが、先に値段を知っているのでそう思うだけのような気もする。

 しかし、中身のウイスキーはこだわって選ぶのだから、やはりグラスにもこだわりを持ちたい。アクセサリーと同じで、自分に合う、気に入ったものに出会えると嬉しくなるものだ。

 ウイスキー、特にモルトウイスキーの命は、その香りであろう。本には「香りの芸術品」などというほめ言葉で表わされている。フローラル・ピーティー・フルーティーなど香りを分け、もっと細かく、刈り取ったばかりの麦畑の香りとか、紙屋の倉庫の奥の濡れたダンボールとか、読んでも想像しにくいものもある。とりあえず飲んでみることをお薦めする。(私なりのテイスティング方法については後日アップする予定)

 その香りを楽しむのに適したグラスとなると、口の部分がすぼまっており、胴の部分が膨らんでいる、ランプシェードのような形、ルノワールの描く女性的な線を持ったともいえる、をしたものになる。
サイズは、30ccの酒と少しの水を入れたときに、グラスの膨らみの部分で収まるのが理想である。

 モルトウイスキーは、基本的に常温で飲みたい。加水する場合も、冷えすぎていない水を使うほうが、より正しく、香りと味を判断できると思っている。店の飲み方7ヶ条に「好きな酒を好きなように飲むべし」とい謳っており、強制するつもりは毛頭ないが。

 開店するまでに、色々なバーを飲み歩いたので、出会ったモルトグラスも様々であった。ステム(脚)のあるもの、ないもの。極薄のもの、薄手のもの、やや厚めのもの。クリスタル製、ガラス製。蓋のあるもの、ないもの。
 ステムなしで、やや厚めで、クリスタル製。蓋は閉める前に、中身がなくなるので不要。というのが、私の理想。

 以上の条件の他に、入手しやすさとか、洗いやすさとか、丈夫さとか、値段とかが問題になってくる。ここのところは、商売の悲しさで、どうすることもできない。

 グレンケアン・クリスタル社のスコッチ専用グラスを選んだ。ブレンダーズ・モルトグラスという呼ばれ方もあった。ひょっとして、ジェームス・ブキャナン(ロイアル・ハウス・ホールドをこの世に生んだ、偉大なる歴史的ブレンダー)も使っていたかも。2001年に発表されたグラスなので、その心配はなさそうだが。

  

 モルトウイスキーの香りを100%逃さぬグラス

 タフでかつ繊細なグラス

 いいグラスに出会えたことに感謝。
 ただ、このグラスを手にすると、飲みすぎるような気も・・・
 7ヶ条に「自分の酒量を知るべし」なんていうのもあったっけ。
COMMENT(4)
  • この記事についているタグ
  • グラス
この記事を評価するGood

プロフィール

comemas

ブログ内記事検索

  • 2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧