お酒検索LIQUOR

  • リキュール
  • 果実系

Paul REITZ Bouche Baie au Cassis

(ポール・レイツ ブーシュ・ベ・オウ・カシス)

ブーシュ・ベ・オウ・カシスは、1743年の伝統レシピにインスパイアされ、昔ながらの製法で造られています。より質の高いものへと、徐々に改良されながら現在のレシピが確立され、ポール・レイツだけの秘密のレシピになっています。 Crème de Fruit bourguignonne (クレーム・ド・フリュイ・ブルギニヨンヌ)の伝統的なレシピでは、フルーツをゆっくりとワインに漬け込みます。そうすることで、じっくり丁寧にフルーツの自然で繊細な香りを引き出します。また、赤ワインのタンニンがフルーツを余すところなく引き出す役割をしています。 アルコール含有量は、ワイン漬けにすることでほんのわずか。自然な甘さと軽さがありながら、果実の比率がかなり高いので、フルーツたっぷりの強い味。 色合いも自然で、香りは繊細、味わいは優しく、そして強さもある。少し粘性のある液状なのは、果実由来のペクチンが豊富に含まれているため。 クレーム・ド・カシス(スピリッツで浸出)と比べて、アルコールの香りがなく、フルーツそのものを感じられる味わい。 アペリティフのカクテルや、デザートのソースとして、またはバニラアイスにかけたり、かき氷のシロップとして使っても美味です!

メーカー Paul REITZ ブランド
原産国 フランス 原産地 -
製造年 ボトリング年
熟成年数 発売日
アルコール度数 5% 容量 375ml
製造元
商品情報提供者: 株式会社武蔵屋 さん

このお酒を人に教えたいと思ったら
ボタンをクリック

おすすめ

0

ピックアップ店舗・企業