お酒検索LIQUOR

  • スピリッツ
  • テキーラ

Porfidio Fraxinus

(ポルフィディオ フラキシヌス)

産地:メキシコ/ハリスコ州/ラス・フンタス地区 蒸留所:インモビリアリア・マスト 樽の材料について:一般的に熟成に使用される樫(オーク)樽は使用せず、トネリコ(フラキシヌス)という木材を使用した樽を使用しています。メキシコ過去500年間の歴史でもトネリコ樽で熟成したテキーラは無く、初めての試みです。トネリコという樹木はドイツ地方では古来より「神の木」としても知られる木でその成分は、 ヨーロッパで自然の薬として扱われています。 今回樽の材料となった1本の木はバイエルン州ランツフートに1857年植えられ樹齢150年、幅1.6m 高さ27mのトネリコの木で2007年にドイツ政府の特別な許可のもと伐採されました。(この木は偉大な音楽家、別名ピアノの魔術師と呼ばれるフランツ・リストのオーケストラ作品『フン族の戦い』(ドイツ・ワイマール初演1857年)の名をとり、Die Hunnenschlacht Escheというニックネームが付けられていました。) 熟成樽について:伐採されたトネリコは36ヶ月間屋外で自然乾燥された後、樽14個分の木材となり、職人による手作業でのこぎりを使用せず棒板状に割っていく製法で樽へ加工。オークションでそのうち6樽をポルフィディオが落札し今回のスペシャルボトルが誕生しました。そのためこのポルフィディオ フラキシヌスは1本の木から造られた新樽で熟成されています。(シングルツリー エイジド)トネリコの木は樫(オーク)とは異なりタンニンの含有量が非常に少ないため熟成後、後口に感じる収斂性をほとんど感じられません。5年の熟成を経る中で、樽のキャラクターとの融合とMicro‐oxygenation(マイクロオキシジェネーション)によってまろやかさを増すという、Martin Grassl氏の狙いどおりの出来となっています。 白磁ボトルについて:ボトルの素材は白磁でハンドメイドで光沢を抑えた艶消しで上品に仕上げられています。サボテンのロゴは三段階の凹凸で、ボトル全体はタテの凹凸ラインで覆われています。 味わい : デリケートでほかでは味わえない洗練された味わいが特徴です。

メーカー Porfidio ブランド
原産国 メキシコ 原産地 -
製造年 ボトリング年
熟成年数 発売日
アルコール度数 40% 容量 700ml
製造元
商品情報提供者: 株式会社武蔵屋 さん

このお酒を人に教えたいと思ったら
ボタンをクリック

おすすめ

0

ピックアップ店舗・企業